春を告げる黄色い花がお出迎え

カテゴリ:

 今日は朝は曇り空で、あたたかかった昨日に比べると気温も少し低めですが、午後になると少しずつ雲がはれてきました。春の香りが漂いはじめた園内、中の池の中央に掛かる橋では、マンサクとサンシュユがみごろをむかえています。
190226na(25).JPG
190226na (1).JPG
 マンサクは日本固有のマンサク科の落葉低木~小高木です。薄黄色の縮れたような花びらは儚げで、遠くから見ると優しい雰囲気です。「まず咲く」が訛ってマンサクという名前になったという説があるように、今がまさにみごろです。
190226na (12).JPG
 マンサクのすぐ隣にはサンシュユがみごろをむかえています。サンシュユはミズキ科の落葉小低木で江戸時代に薬用植物として中国・朝鮮半島から渡来しました。
190226na (2).JPG
 まだまだ山吹色の小さなつぼみが枝いっぱいについており、今後の気温の上昇とともに、更に華やかになりそうですね。春めいてきた新宿御苑にかわいらしい黄色のお花を見つけに訪れてみてはいかがですか。

2019年2月26日 14:40

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30