3種の柑橘が実っています

カテゴリ:

1.JPG
【写真↑:ブンタン】
 青空が綺麗な日曜日。空気は刺すように冷たいですが、日なたにいると背中がポカポカと温まってきます。
 園内では3種類の柑橘が実って陽射しを浴びています。
2.JPG
 新宿門からお入りいただいて、温室に向かう道は「スイセン‘ペーパーホワイト’」「フクジュソウ」「ロウバイ類」「サクラ類」とみごろの花が次々と現れ、お客様に人気の撮影スポットになっています。ご紹介する3種類の実もこの道でご覧いただけます。
3.JPG
 
4.JPG
 サービスセンター近くの植え込みには「ナツミカン」が実っています。「ナツダイダイ」とも呼ばれていて、江戸時代のなかごろ(1700年ごろ)に山口県長門市仙崎大日比でお長(お蝶)という女の子が海岸に流れついた珍しい果実を拾い、邸内に種子をまいたのが始まりといわれていて、明治時代から全国へと広がったのだそうです。
14.jpg
 ナツミカンの葉はつやつやしていて、翼葉はとても小さいですね。
6.JPG
11.JPG
 旧洋館御休所横の植え込みには「レモン'ポンデローサ'」と「ブンタン」が並んでいます。この植え込みはお入りいただけないので、遠くからお楽しみください。
7.JPG
【写真↑:ブンタン】
 奥にある丸い実がブンタンです。ブンタンの学名はCitrus grandis。grandisは「偉大な」という意味で、大きな実をつけることに由来します。
8.JPG
 ブンタンの葉は、いろいろな大きさや形で面白いですね。翼葉も目立っています。
9.JPG
 手前にあるのがレモン'ポンデローサ'です。「ジャンボレモン」という別名があるほど大きなレモンで、普通のレモン4,5個分はあります。ただ、昨年はアゲハチョウの幼虫がレモン'ポンデローサ'の葉を美味しく食べていましたので、今季の実は少し小ぶりになったようです。
10.JPG
 レモン'ポンデローサ'の葉は翼葉は目立たず、トゲがありますね。来歴が分かっていませんが、柚子の一種とレモンが自然交雑して生まれたのではないかと考えられています。
12.jpg
 冬の新宿御苑をお楽しみください。
※植え込みの中への立ち入りはご遠慮ください。ご理解、ご協力よろしくお願いします。 

2019年1月27日 12:21

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31