貴重な歴史建造物に親しもう~旧洋館御休所

カテゴリ:

190126a.JPG
 約18万坪の広大な庭園で四季折々の自然散策が楽しめる新宿御苑。園内には皇室の伝統を受け継ぐ貴重な建造物が現在も受け継がれています。そのひとつがサービスセンターのとなりにある重要文化財「旧洋館御休所」で、本日1月26日(土)は特別公開日になります。
190126b.jpg
 普段は館内に入ることはできませんが、新宿御苑パークボランティアによるガイドに合わせて公開し、歴史やみどころをご紹介しております。
 
190126e.JPG
 旧洋館御休所は19世紀後半にアメリカで流行したスティックスタイルを基調とした希少な洋風木造建築です。
 日本の伝統建築にあるように、多くの木の軸組で造られた木造平屋建ての建物で、柱が細く繊細な印象が特徴となっています。
 窓ガラスには、建設当時のままの手吹きガラスが一部残っており、風を受けた水面のようなゆらぎが趣きを感じさせます。
190126d.JPG
 天皇や皇族の休憩所として今から約120年前の明治29年(1896)に創建され、大正時代後半からはクラブハウスとして使用されました。明治大正期の皇室関係の庭園休憩施設として唯一の遺構であること、意匠的に優れた建造物であることなどが高く評価され、平成13年(2001)に重要文化財に指定されました。
 現存は修復工事を経て、平成13年4月29日のみどりの日より一般公開が始まりました。
190126c.JPG
(写真:旧御食堂)
 
 本日1月26日は文化財防火デーです。これは昭和24年(1949)1月26日に現存する最古の木造建造物である法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機に定められました。
 1~2月は一年で最も火災が多い時期になるそうで、貴重な歴史建造物を守る取り組みとして、日本各地で文化財防火デー消防訓練も行われております。
 
 自然の魅力に親しみながら、新宿御苑の歩みを伝える歴史遺産を訪ねてみてはいかがでしょうか。
190126f.JPG
※旧洋館御休所は重要文化財のため、建物内部の撮影はご遠慮いただいております。みなさまのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。 

2019年1月26日 10:30

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31