タギョウショウ(多行松)の剪定を行っています

カテゴリ:

「ブロッコリーみたいですね」「キノコみたいな木」
 お客さまからユニークな樹形で親しまれているのが、日本庭園などにある多行松(タギョウショウ)という松の木です。
190116a.JPG
 現在、日本庭園でタギョウショウの剪定作業を行っていますが、毎年1月から始まる冬の御苑の風物詩ともいえる光景です。
 
190116b.JPG
 タギョウショウは赤松の園芸品種です。根元から枝が細かく分かれた丸い樹形は、まるでひらいたパラソルのよう。夏は木陰にレジャーシートを敷いて、のんびりと涼まれるお客さまもいらっしゃいます。
190116c.JPG
190116d.JPG
 マツの木は日本庭園にふさわしい樹種のひとつとして古くから庭園樹などに広く利用されています。新宿御苑では植生担当の専門職員が1本1本、手作業で手入れを行います。
190116e.JPG
 こちらは作業前のタギョウショウを見上げた様子です。ここから余分な枝葉を落としていきます。
190116f.JPG
 剪定は人にたとえると散髪のようなもの。樹形を美しく整えるほか、光合成や風通しを良くすることで木の健やかな生長促進にもつながります。
190116g.JPG
 作業後はこんなにさっぱり! 枝葉の隙間から青空が見えていますね。
190116h.JPG
 新宿御苑の庭園は多くの人々の努力によって現代に受け継がれてきましたが、私たち国民公園協会では御苑とともに歩んできた歴史ある木々が健やかに生育できるよう、日々庭園を守る取り組みを進めております。
 作業中はご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2019年1月16日 10:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31