花壇の植え替えと皇室献上チューリップ球根の植え付けを行いました

カテゴリ:

 国民公園協会では、これまで新宿御苑における園芸文化の普及啓発事業において、(公社)園芸文化協会と協働して、花市場や菊花壇鑑賞会などのイベントを行ってきました。
181210a.JPG
 12月10日(月)の休園日に、冬季および春季の花壇植栽に向けて、園芸文化協会の園芸家の奥峰子さんに監修をいただき、三角花壇の植え替えと、丸花壇・三角花壇へ皇室献上チューリップの球根の植え付けを行いました。
181210b.JPG
181210c.JPG
 はじめに三角花壇において冬季植栽を行いました。花壇中央の丸いエリアにはキンギョソウ“キャンディートップス”を植栽します。白、黄色、オレンジの三色の花苗を彩りよく配置します。
181210d.JPG
 外側3ヶ所の三角エリアには、パンジー’よく咲くスミレ’を植栽します。花色はレモネード、パイナップル、マーマレードと元気の出そうなビタミンカラーの三色。花壇全体のバランスを考えながら、花苗を配色よく並べます。
181210e.JPG
 場所が決まったら、花苗の植え込み作業を行います。寒い季節なので苗の根を崩さないように気を付けて植えこみました。
181210f.JPG
 続いて、春季の花壇植栽に向けて、皇室献上チューリップ球根の植え付けを行いました。
 皇室献上チューリップとは、富山県砺波市で開催される「富山県チューリップほ場品評会」で上位入賞した富山県産チューリップ品種で、昭和29年(1954)より毎年、皇室に献上され、今年で65回目をむかえます。
181210g.JPG
181210h.JPG
 品評会では球根ほ場の生育・病害・管理や球根の品質・収量等が審査され、受賞者は明治神宮にて行われる秋の新嘗祭に招待されます。
 御苑の三角花壇・丸花壇には、本年受賞された球根生産者の方々が実際に丹精込めて作られた球根を植え付けます。
181210i.JPG
 三角花壇には黄花・大輪の「黄小町」、薄桃色の「ライトピンクプリンス」、黄色からオレンジ色に変化する色変わり品種の「プリンスクラウス」の3品種の球根を植えました。
181210j.JPG
(写真:三角花壇)
181210k.JPG
 次に丸花壇へ移動して、球根の植え付けを行いました。こちらは先ほどの3品種に加えて、オレンジ色のユリ咲き品種の「バレリーナ」、めずらしい紫色のユリ咲き品種の「夢の紫」の2品種の球根を植えました。
181210m.JPG
 咲いた花を愛でるのはもちろんのこと、球根が芽を出して花が咲く日を待つのも楽しみですね。これからの植物たちの生長をどうぞあたたかく見守ってくださいね。
181210n.JPG

2018年12月10日 16:00

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31