ビワの花がみごろをむかえています

カテゴリ:

 今日は朝から曇り空で気温が低く、紅葉がぐんと進みそうな天気となりました。紅葉に色づきはじめた園内、玉藻池の近くではビワの花がみごろをむかえています。
181120s08.JPG
181120s07.JPG
 ビワは初夏の果実としては有名ですが、寒さが厳しくなるこの時期に花を咲かせるのをご存知でしたでしょうか?
181120s13.JPG
 ビワの花はクリーム色で、1つの房に100個前後付きます。ビワの学名Eriobotrya japonicaのEriobotryaの部分は、ギリシャ語の「羊毛(erion)」と「ブドウの房(botrys)」に由来しています。これはこのビワの花が円錐状につく様子がブドウの房に見えることと、枝・葉・果実に毛があることからつけられたそうです。
181120s10.JPG
 花に近づいてみると、ほんのりと甘い香りも漂っています。つぼみもまだ多く残っており、例年ですと12月中旬ごろまでお楽しみいただけます。ほんのり漂う甘いビワの香りを楽しみながら、園内の散策をお楽しみください。

2018年11月20日 11:58

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30