新宿区エコリーダー養成講座に講師協力しました

カテゴリ:

 11月15日(木)、新宿御苑で「新宿区エコリーダー養成講座」が開催され、満員御礼となる20名の方にご参加いただきました。
 
 新宿区エコリーダー養成講座とは、環境都市・新宿の実現に向けて、地域の環境活動におけるリーダーとなる人材養成をめざした、講義、体験、ワークショップによる全9回からなる連続講座です。受講者はエコギャラリー新宿の各事業サポーター、公園サポーター、地域の清掃・緑化活動リーダー、環境教育の講師など、地域の様々な現場で活躍しています。
181115a.JPG
 国民公園協会では各種団体とのパートナーシップを進めており、その一環として新宿区エコリーダー養成講座への講師協力を行いました。「国民公園“新宿御苑”が目指すみどりと水の保全と活用」をテーマに、新宿御苑に関するさまざまな話題について苑内散策を交えてご紹介しました。
181115b.JPG
 まずは「新宿御苑の一年と都市における役割~庭園の自然とともにふりかえる~」をテーマに、自然や季節のみどころ、環境への取り組みをご紹介しました。
 環境への取り組みの話題では、園内の落ち葉を使った腐葉土作り剪定枝や発生材のリサイクルのほか、レストランゆりのきカフェはなのきでのエコクッキングを通じた環境保全や、御苑ゆかりの内藤とうがらし、内藤かぼちゃなどの江戸東京野菜、西洋野菜や果物、東京産の食材を使った地産地消メニューの提供をご紹介しました。
181115ba.JPG
 続いて「新宿御苑の水の歴史」をテーマに、江戸の大名屋敷時代、明治の皇室庭園時代、そして昭和の国民公園時代までの歴史をご紹介しました。
181115c.JPG
 新宿御苑は徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツといわれています。江戸時代の新宿には、多摩川の羽村堰(現在の羽村市)から四谷大木戸(現在の四谷4丁目交差点付近)までの全長43キロメートルにおよぶ長大な玉川上水があり、江戸の町に暮らす人々へ飲料水を供給するほか、苑内にある玉藻池の水源にもなっていました。
 
 玉川上水は現在、道路下の暗渠となっていますが、平成24年(2012)にかつて流れのあった散策路内(新宿門から大木戸門を結ぶ約700メートルの遊歩道)に「玉川上水・内藤新宿分水散歩道」が整備されました。
181115d.JPG
 明治5年(1872)、大蔵省が高遠藩主内藤家の屋敷地跡に「内藤新宿試験場」を開設しました。
 新しい国づくりのためには農業の近代化が重要であると、大蔵大臣の大久保利通がリーダーとなり、外国産の野菜や果物、樹木、花卉の収集・栽培や、養蚕、牧畜など近代農業の研究、指導者の育成が幅広く行われました。
181115e.JPG
 明治10年(1877)、当時の新宿御苑では、石川県出身の関沢明清の主導のもと、サケ稚魚の多摩川への放流事業を行ったと記録されています。
 関沢明清は内藤新宿農事修学所(現東京大学農学部等)校長、後に水産伝習所(現東京海洋大)の初代所長を務めた人物です。
 現在の中の池~下の池付近には、当時、水路が設けられており、こちらでサケを育成したと考えられています。
181115f.JPG
 戦後昭和24年(1949)、新宿御苑は厚生省所管の国民公園として一般公開され、翌年の昭和25年に菊花壇展、昭和26年に首相主催の桜を見る会、温室の公開が始まりました。
 このほか、昭和26年のオリンピック水泳練習場の建設構想や、昭和37年に現在の母と子の森付近に「日本一大きい子どもプール」が完成したという当時の新聞記事など、水にちなんだ話題をご紹介しました。
 
 平成28年(2016)に新宿御苑は庭園完成から110周年を迎えましたが、来年2019年は国民公園としての開園70周年を迎えてまいります。昨年2017年度は入園者数が250万人を超え、現在も日本の大都市・東京を代表する庭園として国内外のみなさまに親しまれています。
181115h.JPG
 続いて後半の部では、新宿門からスタートして、母と子の森、日本庭園・上の池、中の池、下の池、玉藻池と、水の流れを巡る園内散策に出発しました。
(写真:新宿門近くにある巨樹のモミジバスズカケノキ)
181115i.JPG
(写真:江戸菊花壇付近より日本庭園・上の池を望む)
181115j.JPG
(写真:かつて鴨場があった上の池)
181115k.JPG
(写真:大作り花壇
181115l.JPG
181115m.JPG
 下の池の東側に位置する「擬木橋」は明治38年(1905)に建設された、日本初の木を模した欄干といわれています。明治33年(1900)のパリ万博で展示されていたものを輸入し、アメリカ人技師が設営工事を行いました。こちらから流れ出る水が渋谷川へと繋がっています。
181115n.JPG
 1時間半の散策でしたが、菊花壇展や色づきはじめた紅葉、見ごたえのある巨樹、季節の花々、庭園に暮らす生きものなど、みどころ盛りだくさんで、あっという間の園内散策となりました。
(写真:プラタナス並木)
181115o.JPG
 国民公園協会ではこれからもさまざまな交流を通して、新宿御苑の植物や自然、庭園をよりよく未来へ繋いでいけるよう取り組んでまいります。
(写真:玉藻池)

2018年11月15日 17:00

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31