田原中学校のみなさんが新宿御苑の歴史と内藤とうがらしの取り組みについて学びました

カテゴリ:

181107l.JPG
 11月7日(水)、愛知県田原市立田原中学校の生徒6名が来園し、新宿御苑の歴史と内藤とうがらしの取り組みについて学びました。江戸東京野菜の内藤とうがらし、内藤かぼちゃ誕生の地である新宿御苑を舞台に、江戸時代にはじまり、農園芸の発展にも貢献した明治時代までの御苑の歴史をたどりました。
(写真上:11月1により開催中の菊花壇展より大作り花壇、写真下:内藤とうがらし)
181107g.JPG
 田原市は、愛知県の南東部にある渥美半島に位置しており、恵まれた温暖な特性を活かして大規模な農業が行われています。露地栽培では主にキャベツ、ブロッコリー、メロン、レタス、スイカ、スイートコーンなど、施設園芸ではトマト、メロン、キク、カーネーション、バラなどが栽培されています。
181107b.JPG
 一行はまずインフォメーションセンターに集合しました。センター館内にあるカフェはなのきで、内藤とうがらしプロジェクトリーダーの成田重行さんから、東京における江戸東京野菜の歴史と新宿御苑の取り組みについてご紹介いただきました。
181107f.JPG
 新宿御苑ゆかりの内藤とうがらしは、御苑が高遠藩主・内藤家の下屋敷だった江戸時代に、敷地内で栽培がはじまりました。おそばに添える薬味として人気が高まると、やがては新宿一帯で栽培されるようになり、最盛期にはあたり一面が真っ赤に染まるほど、広く栽培されるようになった歴史があります。
181107h.JPG
 内藤とうがらしを始めとする江戸東京野菜は、こうした地域の歴史とともに生まれた地元ならではの食材です。新宿区の学校で学ぶ子どもたちは「自分たちで栽培し、種を採る」をテーマに、タネを通じた命のつながりや、育てた野菜を料理することで自分達の地域の歴史や文化を学んでおり、野菜を食べるだけでなく、江戸の人々のかつての食文化にふれる食育教材としても活用の輪が広がっていることを紹介しました。
 
 
>>内藤とうがらしプロジェクト公式ウェブサイトはこちら
181107d.JPG
 次に国民公園協会新宿御苑 広報企画担当の本荘暁子が、明治の新宿御苑の歴史を紹介しました。
 いまから約120年前の明治時代、新宿御苑は宮中の御料農場で、外国産の野菜や果樹、花卉の栽培研究を行う農事試験場でした。
 ここで鍵となる人物が2人登場します。
 
 一人は、NHKの大河ドラマ「西郷どん」にも登場する大久保利通です。
 明治の時代をむかえた日本。大蔵大臣だった大久保利通がリーダーとなり、新しい国づくりのためには農業の近代化が重要であると、新宿御苑で西洋農業技術の研究や、指導者の育成が進められました。
181107e.JPG
 もう一人が新宿御苑の総指揮者となった福羽逸人です。
 明治31年(1898)、新宿御苑の農学博士であった福羽逸人(ふくばはやと)は、フランスの「ゼネラル・シャンジー」というイチゴ品種から国産イチゴ第一号となる「福羽苺」を作出しました。当時の新宿御苑は皇室の御料地だったことから「御料イチゴ」とも呼ばれていましたが、大正時代に高級品種として全国に栽培が広まってゆきました。
 
 この頃の新宿御苑ではさまざまな西洋野菜や果物が栽培されていました。今では身近な食材であるキャベツやトマト、たまねぎ、レタス、アスパラガス、マッシュルーム、にんにくなどの野菜のほか、イチゴやメロン、オリーブ、リンゴ、ブドウ、ナシ、スモモ、水蜜桃などの果樹が御苑で試験栽培されたのち全国へ広まった歴史があります。 
 
 続いて一行は日本庭園に向かい、11月1より開催中の菊花壇展と菊栽培所を視察しました。
 田原中学校のある愛知県田原市では鉢花としてキクが盛んに栽培されており、日本一の生産量になるそうです。
181107k.JPG
 1本の茎から600輪もの花を咲かせる「大作り」や、地域色あふれる古典菊など、日本の伝統技法により丹精込めて作り上げられたさまざまな菊花壇を興味深く観察していらっしゃいました。
(写真:大作り花壇)
181107i.JPG
(写真:六角花壇)
181107j.JPG
(写真:懸崖造り花壇)
181107n.JPG
(写真:特別公開された菊栽培所)
181107o.JPG
(写真:特別公開された菊栽培所)
 
 田原中学校の生徒のみなさん、本日はありがとうございました。
 
 園内6か所の売店では、秋の特別開園期間の特選商品として、菊や栗など秋の味覚を楽しめる秋の特選スイーツや、日本の秋を楽しむ和雑貨などを各種取りそろえています。散策やピクニックのおやつ、ご家族やお友達へのお土産にもおすすめです。
 
 また、日頃より、園内の飲食施設「レストランゆりのき」と「カフェはなのき」において、新宿ゆかりの内藤とうがらしのほか、都内の農家直送の新鮮な江戸東京野菜を使った地産地消メニューの提供や、環境にやさしいエコ・クッキングの取り組みを進めております。
 
 また、カフェはなのき、レストランゆりのきは、とうきょう特産食材使用店にも登録されています。
 
 新宿御苑にご来園の際には、ぜひ東京・新宿ならではの味わいをお楽しみください。
 
【営業案内】
 ■利用時間/9:00~16:00(ラストオーダー)
 ■定休日/新宿御苑休園日

2018年11月 7日 14:00

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30