「明治150年 第30回新宿御苑洋らん展(11/27~12/2)」に向けて準備を行っています

カテゴリ:

 11月27日(火)より開催予定の「第30回新宿御苑洋らん展」に向けて準備を行っております。
 
 洋らん展は新宿御苑の恒例行事のひとつで、昭和58年(1983)のスタートから今年で30回目をむかえます。洋らん展の会期中は、熱帯植物の中に展示台を設け、洋らんの愛好家からの応募作品約200点と、新宿御苑で栽培している洋らんを展示します。
 また、会場内に洋らん相談コーナーも設け、お客さまからの栽培相談もお受けします。
 
181108a.JPG
 洋ランは一般的に年明けから3月頃に旬の時期をむかえ、この頃に全国各地でさまざまな洋ランの展示会が実施されます。新宿御苑ではこうした催しに先駆けて、前年の11月下旬から12月に「新宿御苑洋らん展」を開催します。
 
 新宿御苑の洋ランの歴史は明治時代にさかのぼります。明治の頃より温室では園芸種だけでなく原種の収集が盛んに行われましたが、大正から昭和のはじめには特に洋ランの交配に力を入れ、数多くのオリジナル品種を作り出しました。
181108c.JPG
 現在も「シンジュク(Shinjuku)」や「フクバ」という名前のついている品種がありますが、これらはすべて新宿御苑で作られたオリジナルの品種です。
181108b.JPG
 栽培エリアでは、洋らん展に展示する鉢の準備を進めております。明治150年企画にあわせて、御苑で作出した品種を中心に約20種60鉢を展示する予定です。
181108f.JPG
 大温室館内では洋らん展で鉢を飾る展示台の設置を行っております。自生地で咲き誇る雰囲気を楽しめるよう、園路上ではなく植え込みのなかに展示台を設けております。
 設営作業中はご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
 
 11月27日より始まる洋らん展をどうぞお楽しみに!
 
【大温室の開館時間】
 9:30~15:30(15:30入館終了、16:00閉館)
 
■「第30回 新宿御苑洋らん展」開催予告
【日時】2018年11月27日(火)~12月2日(日)
    9:30~15:30(閉館は16:00)
    ※ただし最終日12月2日(日)の洋らん展示は15:30まで(入館は15:00まで)
【会場】新宿御苑内 大温室
 
2018yoran.jpg

2018年11月 8日 11:00

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30