2018年11月アーカイブ

紅葉 2018年11月30日 15:00

紅葉のみどころ情報【11月30日号】

 新宿御苑紅葉ベストシーズン到来!!        
場所により、緑の葉が混じっていますが、イチョウやカエデ、ラクウショウの紅葉がみごろとなっています。
 
■カエデ 日本庭園:楽羽亭近く■
0000.JPG
■イチョウ 丸花壇近く■
0001.JPG
晩秋のみどころ 2018年11月30日 14:02

季節のみどころ情報【11月30日号】

カンツバキ、ジュウガツザクラなどがおすすめです。
 
 中央休憩所近くでは、カンツバキの花がみごろを迎えました。深緑の葉の上に鮮やかなピンク色の花が遠目でも目を惹きます。
エコハウス裏は、日当たりが弱いためか咲きはじめです。
01.JPG
 サービスセンター近くや桜園地では、ジュウガツザクラがみごろです。
02.JPG
開催予定のイベント 2018年11月30日 12:20

イベント・利用案内情報【11月30日号】

■「第30回 新宿御苑洋らん展」開催■
2018yoran.jpg
【日時】2018年11月27日(火)~12月2日(日)
    9:30~15:30(閉館は16:00)※ただし最終日12月2日(日)の洋らん展示は15:30まで(入館は15:00まで)
【会場】新宿御苑内 大温室
>>環境省 報道発表資料「第30回新宿御苑洋らん展」の開催について」はこちら
 
■新宿御苑で作出された洋らんと戦前使われていた鉢展■
000.jpg
【日時】11月27日(火)~12月9日(日)
    9:30~15:30 (閉館は16:00)※ただし、12月2日(日)は15:00まで(15:30閉館)
【会場】新宿御苑内 大温室 特別室
【内容】新宿御苑で栽培している洋らんとともに、戦前に使われていた鉢の数々を展示します。
 
■明治150年企画『温室の歴史からふりかえる明治のおもてなし展■
【日時】11月20日(火)~2019年2月頃
    9:00~16:00(閉門は16:30)
【会場】レストランゆりのき(エコハウス)展示室
【内容】日本における園芸発祥の地である新宿御苑の温室の歴史と、国内の園芸文化の発展に貢献した人々の功績をご紹介します。
売店 2018年11月30日 12:00

おすすめ商品紹介【11月30日号】

181129s12.JPG
【季節のおすすめ商品】
・お団子(味噌、しょうゆ、あんこ)※各売店で販売しております
181129s14.JPG
181129s9.JPG
181129s11.JPG
味噌、醤油味のお団子は新宿御苑発祥の内藤唐辛子を使用しており、少しピリッとします。スパイスで体の中から温まるのはいかがでしょうか?。(季節限定商品のため 品切れになる場合もございますので、予めご了承ください。)
 
 他にもたくさんの商品をご用意してありますので、新宿御苑にお越しの際は是非売店にお立ち寄りください。
 いつも新宿御苑をご利用頂き誠にありがとうございます。
 
 12/1(土)~12/2(日)にかけて、インフォメーションセンター前広場で、ふくしまマルシェ IN 新宿御苑が開催されます。
 福島県のアンテナショップ『日本橋ふくしま館「MIDETTE」』による福島県産品の販売会です。地元の農園等と連携した『福島県の旬の果物』や『福島銘菓』などの販売、福島県の観光情報の発信などを行います。
 ぜひお立ち寄り下さい。
 
日時:12/1(土)~12/2(日)
場所:インフォメーションセンター前(入館無料)
主催:日本橋ふくしま館「MIDETTE」 協力:環境省
 
2018120102fukushima.jpg
庭園を守る取り組み 2018年11月29日 15:00

丸花壇の植え替えを行いました

181129a.JPG
  国民公園協会では、これまで新宿御苑における園芸文化の普及啓発事業において、(公社)園芸文化協会と協働して、花市場や菊花壇鑑賞会などのイベントを行ってきました。
 冬季の花壇植栽において、園芸文化協会の園芸家の奥峰子さんに監修をいただき、大温室前・丸花壇の植栽を行いました。
181129b.JPG
181128a.JPG
 昨日11月27日より始まった「第30回 新宿御苑洋らん展」にあわせて、本日28日は大温室のバックヤードツアーを開催しました。
181128b.JPG
 通常は非公開のバックヤード(栽培所)を特別公開し、担当職員がガイド役を務め、新宿御苑の温室の歴史や魅力、貴重な洋ランや絶滅危惧植物等の栽培の取り組みについてご紹介しました。
 
開催報告・レポート 2018年11月27日 17:00

大人向け写真教室を開催しました

181127a.JPG
181127b.JPG
 2017新宿御苑フォトコンテスト特別イベント「新宿御苑 写真教室『皇室ゆかりの伝統行事 菊花壇展を撮影しよう!』」を11月27日(火)に開催し、20名の方にご参加いただきました。
 新宿御苑フォトコンテスト審査員を務めるプロカメラマンの木村正博先生と岡本洋子先生を講師にむかえ、紅葉の色づきすすむ園内を巡りました。
181127c.JPG
 写真を通して新宿御苑の魅力を発見する、新宿御苑フォトコンテスト。全国各地の幅広い世代のみなさまにご参加いただき、平成3年(1991年)のスタートから今年で28回目をむかえます。
 四季折々の庭園風景や花、樹木、生きもの、人と自然のふれあいなど、さまざまなテーマで御苑の魅力をとらえた作品が毎年、入賞しています。
 
イベント・セミナー 2018年11月27日 14:00

温室のバックヤードツアー【開催予告】

 11月27日~12月2日まで大温室では洋らん展が行われます。その期間中の11月28日(水)に大温室のバックヤードツアーを開催いたします。

181121s11.JPG

イベント・セミナー 2018年11月27日 13:08

第30回 「新宿御苑洋らん展」を開催【11/27~12/2】

01.JPG
 本日から大温室で「第30回新宿御苑洋らん展」が始まりました。新宿御苑の恒例の晩秋の催しのひとつで、昭和58年(1983)のスタートから今年で30回目をむかえます。洋らん展の会期中は、熱帯植物の中に展示台を設け、洋らんの愛好家からの応募作品約200点と、新宿御苑で栽培している洋らんを展示します。
02.JPG
181126a.JPG
 いよいよ明日11月27日(火)から「第30回 新宿御苑洋らん展」が始まります。新宿御苑の恒例行事のひとつで、昭和58年(1983)のスタートから今年で30回目をむかえます。
 本日は「新宿御苑洋らん展」に先駆けて、作品審査会が開催されました。
181126g.JPG
 新宿御苑の温室の歴史は、明治8年(1875)の無加温の温室に始まります。明治25年の加温式西洋温室完成後、皇室行事などで用いられる洋ランや花きが盛んに栽培され、洋ランの交配も行われました。
 戦後、国民公園となり温室も公開され、洋らんの他、熱帯・亜熱帯の植物を栽培展示しています。また、日本の絶滅危惧植物や、ワシントン条約で国際的な取引が規制されている洋らんなど、貴重な植物の保護育成にも取り組んでいます。
(写真:特別栽培室内の様子)
 
いつも新宿御苑をご利用頂きありがとうございます。
 
新宿御苑大温室につきましては、施設の点検を行うため、
 
平成31年1月22日(火)から1月25日(金)まで臨時閉館させて頂きます。
 
来園者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
いつも新宿御苑をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
 
12/2(日)は洋らん展の作業の関係で、大温室は30分早く閉館します。
 
○入館時間:15:00まで(通常は15:30まで)
 
○閉館時間:15:30(通常は16:00)
 
来園者の皆様にはご迷惑おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
開催報告・レポート 2018年11月25日 09:00

花市場を開催!

01.JPG
 新宿門横にあるインフォメーションセンター前の広場にて、11月25日(日)まで花市場を開催しています。毎月、定期的に開催しており、季節の草花や花木、多肉植物、球根など、さまざまな植物のほか、野菜のタネをご紹介しています。 
02.JPG
■写真がもっと好きになる♪ 親子で楽しむわくわく写真教室
 「カッコイイ写真を撮ろう&野鳥グッズを手作りしよう」■ 
2018oyakophotokyositu.jpg
 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをご紹介します。
 カメラを通して、自然豊かな新宿御苑の魅力を発見してみませんか。
【講師】写真家 木村正博氏、写真家 岡本洋子氏、日本鳥類保護連盟 岡安栄作氏
 
171217m.JPG
【日時】2018年12月1日(土)9:30~15:00
    事前申込制
【対象】小学1年生以上のお子さまとその保護者の方
【定員】親子10組20人
    定員になり次第〆切(先着順に受付)
【内容】
 ・好きな鳥の模型に色を塗ろう
 ・エコ・クッキングランチを食べよう
 ・園内で生きものや植物を観察しよう
 ・野鳥模型と自然を一緒に撮影しよう
 ・希望者はプロカメラマンが作品を添削!
【参加費】1人 1,500円(ランチ代、材料費、保険代)
     入園料は参加者各自負担
 
 ★親子写真教室チラシはこちら
 
【写真教室の参加申し込み方法】
 ①行事名、②参加する方全員の氏名、ふりがな、性別、お子さまの年齢、③住所、④連絡先(電話、メール、FAX番号等)、⑤行事を知ったきっかけを明記し、E-mail、FAX、往復はがきいずれかの方法でお申し込み下さい。
 ※お申込みいただいた方法で受付のご案内を返送させていただきます。
 ※ご記入いただいた個人情報は本行事を運営するために必要な範囲で使用いたします。
 ※お申し込み後、5日以内にお申込みいただいた方法で返信いたします。5日以上経過しても返信がない場合は、お手数ですが下記お問い合わせ先までお電話にてお問合せください。
 
【お申込み・お問い合わせ先】
国民公園協会新宿御苑「写真教室」係
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11
〈TEL〉 03-3341-1461(新宿御苑の開園日9:00~17:00)
〈FAX〉 03-3341-1528
〈E-mail〉 info-shinjuku@fng.or.jp
〈ホームページ〉 http://www.fng.or.jp
 
■2018新宿御苑フォトコンテストの作品を募集中です■
 「新宿御苑の魅力を写そう」をテーマとした「2018新宿御苑フォトコンテスト」の作品を募集しています。
 みなさまのとっておきの一枚を、ぜひフォトコンテストにご応募ください。
紅葉 2018年11月24日 12:19

ラクウショウの紅葉がみごろです!

 11月も下旬になり、イチョウやプラタナス、サクラ、ケヤキ、カエデなど園内の木々が秋色に染まり、紅葉が進んでいます。開園間もない時間ですと気温が10℃を下回り、吐く息は白く姿を現し肌寒い朝となっています。ご来園されたお客様の服装も厚手のコートにマフラー、手袋などを付けて冬の装いです。
01.JPG
 紅葉が進む園内で、多くのお客様の注目を集める母と子森外周にある「ラクウショウ」が紅葉のみごろをむかえました。
晩秋のみどころ 2018年11月23日 12:23

季節のみどころ情報【11月23日号】

ビワ、イイギリの実などがおすすめです。
 
 玉藻池近くや大木戸門近くなどではビワの花がみごろをむかえています。木全体に花を咲かせており、見事です。香りもよく、周囲に甘い香りが漂っています。
181123s28.JPG
 玉藻池などではイイギリの実がみごろをむかえています。真っ赤な実がブドウのように房状に木いっぱいについていて、迫力があります。
181123s31.JPG
紅葉 2018年11月23日 12:05

紅葉のみどころ情報【11月23日号】

 サクラ、カツラ、ラクウショウ、大温室前のイチョウがみごろをむかえました。人気のカエデ類の紅葉は色づき初めで、来週以降から徐々にみごろになる予想です。
181123s08.JPG
(写真:新宿門近くのカエデ類)
開催予定のイベント 2018年11月23日 11:05

イベント・利用案内情報【11月23日号】

■ガイドウォーク・旧洋館御休所公開■明日開催!!
80.JPG
 新宿御苑パークボランティアが、新宿御苑の歴史や四季のみどころをはじめ、植物の名前の由来や新宿御苑の庭園の魅力などをご案内します。
【次回開催日】平成30年11月24日(土)
       10:30 13:30 2回開催
 
取扱商品 2018年11月23日 10:21

おすすめ商品紹介【11月23日号】

181123s58.JPG
【季節のおすすめ商品】
・信州りんごパイ(ポムリエール)
181123s02.JPG
181123s03.JPG
信州高遠藩ゆかりの新宿御苑で、特産のりんごを使用したパイの販売を行っています。
 
紅葉 2018年11月22日 09:42

園内を彩るサクラの紅葉

 今日は朝から曇り空で、昨日からの雨により園内はしっとりとした空気に包まれています。冷え込みが強まり日増しに紅葉の色づきが進む園内、桜園地など、園内各所でサクラの紅葉がみごろをむかえています。

181122s05.JPG

 新宿御苑の大温室では、毎年11月に「新宿御苑洋らん展」を開催しており、昭和58年(1983)のスタートから今年度で30回目となります。
 洋らん展にあわせて、レストランゆりのきの展示室にて「明治150年企画『温室の歴史からふりかえる明治のおもてなし展』」を開催しています。
181121a.JPG
 洋ランとは花を鑑賞する目的で栽培されるラン科植物の園芸上の呼称で、カトレアやシンビジウムをはじめ多くの種類があります。ラン科植物は日本のほか、東南アジア、中南米、アフリカなど熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、18世紀に欧州のプラントハンターにより収集が行われ、主にヨーロッパで盛んに品種改良され、さまざまな交配品種が作出されました。
171128zd.JPG
 
 内務省所管の農業試験場であった新宿御苑では、明治8年(1875)に温室が建てられ、植物の栽培が進められてきました。明治12年(1879)には宮内庁所管となり、温室内で栽培したメロンやイチゴなどの果物や西洋野菜を宮中晩餐会で供し、洋ラン等の温室植物で宮廷を装飾するなど、国内外の賓客をもてなしました。
 
 本展時では日本における園芸発祥の地である新宿御苑の温室の歴史と、国内の園芸文化の発展に貢献した人々の功績をご紹介します。
181121b.JPG
 今日は朝から晴れ朝夕の気温は低いものの、気持ちの良い散策日和の一日となりました。来週11月27日~12月2日まで大温室では洋らん展が行われます。その期間中の11月28日(水)に大温室のバックヤードツアーを開催いたします。

181121s11.JPG

晩秋のみどころ 2018年11月20日 11:58

ビワの花がみごろをむかえています

 今日は朝から曇り空で気温が低く、紅葉がぐんと進みそうな天気となりました。紅葉に色づきはじめた園内、玉藻池の近くではビワの花がみごろをむかえています。
181120s08.JPG
生きもの 2018年11月18日 09:57

カラスたちが夢中な物の正体は?!

「カラスが夢中で食べている実は何ですか?」と、カラスに興味津々のお客様より、インフォメーションセンター窓口にお問い合わせがありました。
01.JPG
 新宿門から入って、大木戸門方向へ園路を進んでいくと右手側に、モミジが多く植栽されているエリアがありますが、多くのカラスたちが夢中になって何かを食べていました。
02.JPG
 11月1日から15日まで日本庭園で開催された菊花壇展は、連日ぽかぽかと暖かで過ごしやすいお天気の日が多く、菊花壇鑑賞日和でした。15日までの期間中の来園者は、約13万人と多くのお客様がご来園し、菊花壇展をお楽しみ頂きました。
01.JPG
(大菊花壇)
02.JPG
(菊栽培所)
 
 今年は明治元年から数えて150年ということで、普段は見ることのできない菊の栽培所公開や菊ガイドウォーク開催、六角花壇の復刻など特別な年となりました。
晩秋のみどころ 2018年11月16日 12:25

季節のみどころ情報【11月16日号】

ジュウガツザクラ、ビワなどがおすすめです。
 
 サービスセンター近くや桜園地ではジュウガツザクラがみごろをむかえています。木全体に白い花を咲かせており見事です。
181116s17.JPG
 玉藻池近くや大木戸門近くなどではビワの花がみごろをむかえています。ベルベットのようなつぼみから沢山の白い花を咲かせています。
181116s29.JPG
開催予定のイベント 2018年11月16日 11:38

イベント・利用案内情報【11月16日号】

■ガイドウォーク・旧洋館御休所公開■
90.JPG
 新宿御苑パークボランティアが、新宿御苑の歴史や四季のみどころをはじめ、植物の名前の由来や新宿御苑の庭園の魅力などをご案内します。
【次回開催日】平成30年11月24日(土)
       10:30 13:30 2回開催
 
開催報告・レポート 2018年11月15日 17:00

新宿区エコリーダー養成講座に講師協力しました

 11月15日(木)、新宿御苑で「新宿区エコリーダー養成講座」が開催され、満員御礼となる20名の方にご参加いただきました。
 
 新宿区エコリーダー養成講座とは、環境都市・新宿の実現に向けて、地域の環境活動におけるリーダーとなる人材養成をめざした、講義、体験、ワークショップによる全9回からなる連続講座です。受講者はエコギャラリー新宿の各事業サポーター、公園サポーター、地域の清掃・緑化活動リーダー、環境教育の講師など、地域の様々な現場で活躍しています。
181115a.JPG
 国民公園協会では各種団体とのパートナーシップを進めており、その一環として新宿区エコリーダー養成講座への講師協力を行いました。「国民公園“新宿御苑”が目指すみどりと水の保全と活用」をテーマに、新宿御苑に関するさまざまな話題について苑内散策を交えてご紹介しました。
181115b.JPG
菊花壇展 2018年11月15日 12:39

肥後菊花壇

 11月1日から始まった菊花壇展も本日最終日となります。今日で菊の見納めと、多くのお客様がご来園されており、どの菊花壇の前も大変な賑わいを見せています。
01.JPG
(大作り花壇)
02.JPG
(伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇)
 
 明治150年記念事業の一環として特別展示された六角花壇をはじめ、懸崖作り花壇伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇大作り花壇江戸菊花壇一文字菊・管物菊花壇大菊花壇と、これまでに特色あふれる菊花壇をご紹介しましたが、本日最後にご紹介するのは、翔天亭近くに植栽されている「肥後菊花壇」です。
温室 2018年11月15日 09:56

もうすぐ開花!ハイドゥン(海棠)

 温室のバックヤードでは様々な植物たちが育成されていますが、その中でもお客様より良くご質問のあるハイドゥン(海棠)がつぼみを付けました。

P1010775.JPG

■写真がもっと好きになる♪ 親子で楽しむわくわく写真教室
 「カッコイイ写真を撮ろう&野鳥グッズを手作りしよう」■ 
2018oyakophotokyositu.jpg
 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをご紹介します。
 カメラを通して、自然豊かな新宿御苑の魅力を発見してみませんか。
【講師】写真家 木村正博氏、写真家 岡本洋子氏、日本鳥類保護連盟 岡安栄作氏
 
171217m.JPG
【日時】2018年12月1日(土)9:30~15:00
    事前申込制
【対象】小学1年生以上のお子さまとその保護者の方
【定員】親子10組20人
    定員になり次第〆切(先着順に受付)
【内容】
 ・好きな鳥の模型に色を塗ろう
 ・エコ・クッキングランチを食べよう
 ・園内で生きものや植物を観察しよう
 ・野鳥模型と自然を一緒に撮影しよう
 ・希望者はプロカメラマンが作品を添削!
【参加費】1人 1,500円(ランチ代、材料費、保険代)
     入園料は参加者各自負担
 
 ★親子写真教室チラシはこちら
 
【写真教室の参加申し込み方法】
 ①行事名、②参加する方全員の氏名、ふりがな、性別、お子さまの年齢、③住所、④連絡先(電話、メール、FAX番号等)、⑤行事を知ったきっかけを明記し、E-mail、FAX、往復はがきいずれかの方法でお申し込み下さい。
 ※お申込みいただいた方法で受付のご案内を返送させていただきます。
 ※ご記入いただいた個人情報は本行事を運営するために必要な範囲で使用いたします。
 ※お申し込み後、5日以内にお申込みいただいた方法で返信いたします。5日以上経過しても返信がない場合は、お手数ですが下記お問い合わせ先までお電話にてお問合せください。
 
【お申込み・お問い合わせ先】
国民公園協会新宿御苑「写真教室」係
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11
〈TEL〉 03-3341-1461(新宿御苑の開園日9:00~17:00)
〈FAX〉 03-3341-1528
〈E-mail〉 info-shinjuku@fng.or.jp
〈ホームページ〉 http://www.fng.or.jp
 
■2018新宿御苑フォトコンテストの作品を募集中です■
 「新宿御苑の魅力を写そう」をテーマとした「2018新宿御苑フォトコンテスト」の作品を募集しています。
 みなさまのとっておきの一枚を、ぜひフォトコンテストにご応募ください。
菊花壇展 2018年11月14日 13:14

特色豊かな伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇

 立冬過ぎて暦の上では冬ですが、朝晩は冷え込むものの昼間の太陽の光はぽかぽかと暖かく過ごしやすいお天気となっています。連日、国内外から多くのお客様にお越しいただき、にぎわっている菊花壇展。
01.JPG
02.JPG
 中央休憩所から道順に従って花壇を観賞していくと、2番目にご覧いただけるのが「伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇」です。
お知らせ 2018年11月14日 10:18

大温室は通常通り開館します

日頃より新宿御苑をご利用頂きましてありがとうございます。
 
2018年8月28日の落雷により破損した大温室ガラス窓の応急復旧工事を11月12日(月)に行いましたが、現在大温室は通常通り10時から開館しています。
 
みなさまのご来園をお待ちしております。
 菊花壇展13日目の本日は、朝から灰色の雲が空を覆い薄暗い天気となっています。先週まで、散策していると汗ばむ陽気でしたが一転、太陽が隠れている為かひんやりと寒く、厚手の上着が欲しい一日となっています。
01.JPG
02.JPG
 新宿御苑の菊花壇を順路に沿って進んでいくと4番目に「江戸菊花壇」がご覧いただけます。
 
 江戸菊は、江戸時代に江戸(東京)の庶民の間で盛んに栽培された古典的な中菊で、江戸で流行したことから『江戸菊』と呼ばれています。また当時は、この菊が主流であったことから『正菊』という名前でも呼ばれています。新宿御苑では明治11年から作られはじめ、菊花壇のなかでもっとも古い歴史があります。
 
菊花壇展 2018年11月12日 10:00

懸崖作り花壇

 11月1日よりスタートした秋の伝統行事「皇室ゆかりの新宿御苑 菊花壇展」も本日で12日目となりました。すべての菊花壇がみごろをむかえ、日本庭園が大変華やいでいます。
181112a.JPG
 中央入口から日本庭園に入り、順路に沿って進んでいくと、まず明治150年記念特別展示の「六角花壇」があります。次にご覧いただけるのが、本日ご紹介する「懸崖造り花壇」です。
 
日頃より新宿御苑をご利用頂きましてありがとうございます。
 
2018年8月28日の落雷により破損した大温室ガラス窓の応急復旧工事を11月12日(月)に行います。
 
当日は秋の特別開園期間中のため開園しておりますが、大温室のみ臨時閉館とさせていただきます。
 
ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 
開催報告・レポート 2018年11月11日 09:06

福島県と新宿御苑の食のコラボレーション

 昨日より行われている新宿御苑ふくしま菊フェスタですが、園内のレストランゆりのき横のブースでは福島県とのコラボレーション商品3点も販売を行っています。

91.JPG

89.JPG

2018photokyositusyuryo.jpg
 新宿御苑 大人向け写真教室〔2018年11月27日(火)開催〕は、定員に達したため参加者の募集を締め切りました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
 
 なお、12月1日(土)開催の親子写真教室につきましては、まだ定員に余裕がございます。
開催報告・レポート 2018年11月10日 12:31

新宿御苑ふくしま菊フェスタ開催中!

181110 (8).JPG
 今日はさわやかなお天気となり、約1万7千人のお客様が秋の御苑をお楽しみになりました。
 新宿御苑では11月10日(土)~11日(日)に環境省主催の福島応援イベント「新宿御苑ふくしま菊フェスタ」が開催されています。
62.JPG
181109d.JPG
 11月9日(金)、中国風景園林学会菊花分会の方々23名が新宿御苑を来園し、日本庭園で11月1により開催中の「新宿御苑 菊花壇展」を視察しました。
 私たち国民公園協会の菊栽培担当職員が講師をつとめ、各花壇の魅力や栽培方法等をご紹介しました。
181109a.JPG
開催予定のイベント 2018年11月 9日 12:00

イベント・利用案内情報【11月9日号】

a.jpg
皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ新宿御苑の菊花壇。
晩秋の日本庭園を特色あふれる菊の花々があでやかに彩ります。
趣あふれる日本の伝統美の世界をご鑑賞ください。
 
(1)新宿御苑菊花壇展
■日時:
2018年11月1日(木)~11月15日(木)(期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:
新宿御苑内 日本庭園(東京都新宿区内藤町11)
■料金:
新宿御苑への入園料が必要です。(大人200円、小・中学生50円)
■内容:
皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。
 
(2)菊花壇解説展
■日時:
2018年10月30日(火)~11月18日(日)(期間中は無休)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)
■会場:
新宿御苑インフォメーションセンター 1階アートギャラリー
■料金:
無料
■内容:
新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。
 
(3)明治150年企画「菊花へのまなざし」展
■日時:
2018年10月30日(火)~11月18日(日)(期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:
レストランゆりのき(エコハウス)展示室
 
今年は、明治150年記念事業の一環として、普段立ち入れない菊の栽培所を公開するとともに、パークボランティアによる菊花壇展のガイドウォークを以下の日程で行います。
 
(4)菊栽培所の特別公開
■日時:
2018年11月1日(木)から15日(木)まで
■時間:
午前9時から午後4時まで
■場所:
菊栽培所 ※千駄ヶ谷門寄りにあります芝生広場の近くからご入場ください。
 
(5)菊花壇展のガイドウォーク
■実施日:
2018年11月11日(日)、13日(火)、15日(木)
■時間:
①午前10時30分から ②午後1時30分から
■場所:
当日開始時間までに、新宿門を入ってすぐ右側にある案内看板前へお集まりください。
 
この期間だけの特別な新宿御苑を是非お楽しみください。
 
■新宿御苑ふくしま菊フェスタ■
04.JPG
 新宿門横にあるインフォメーションセンター前の広場にて「新宿御苑ふくしま菊フェスタ」を開催します。福島県二本松の職人が丹精込めて作り上げた「菊人形」の展示や特産品をご紹介します。
 
【開催日】2018年11月10日(土)~11月11日(日)
【時間】9:00~16:00 少雨決行(荒天中止)
【会場】新宿御苑インフォメーションセンター前広場(新宿門横)
 
菊花壇展 2018年11月 9日 11:00

菊花壇展のみどころ情報【11月9日号】

 連日のあたたかさで、咲き進み、ほぼすべての菊花壇がみごろをむかえています。
181109s78.JPG
(写真:明治150年 六角花壇)
181109 (65).JPG
 
晩秋のみどころ 2018年11月 9日 10:00

季節のみどころ情報【11月9日号】

サザンカ、イイギリの実などがおすすめです。
 
 園内各所でサザンカがみごろをむかえています。木いっぱいに花を付けているさまは遠くでも目立つほどです。母と子の森外周は様々な花色や花の形があり、おすすめです。
181109s55.JPG
 玉藻池ではイイギリの実がみごろをむかえています。オレンジ色の実がたくさん房状になり樹いっぱいに垂れ下がっている状態はとてもきれいです。
181109s34.JPG
開催予定のイベント 2018年11月 8日 18:00

【開催予告】新宿御苑ふくしま菊フェスタ【11/10~11/11】

 新宿御苑(東京都新宿区)において開催される「新宿御苑 菊花壇展」にあわせて、環境省および環境再生プラザの主催による「新宿御苑ふくしま菊フェスタ」が開催されます。
 
 会場には二本松市・菊栄会の協力により菊人形を2か所に設け、写真撮影スポットもございます。
 また、福島県双葉郡の4町(楢葉町・富岡町・大熊町・双葉郡)の復興に向けた取組を紹介するとともに、地元で収穫した新米をプレゼントするクイズラリーや二本松市の特産品の物販、食用菊を使った菊花茶の無料配布を行います。
 このほか、日本語、英語による説明を1日に3回(11:00、13:00、15:00)行います。
 
 この週末は新宿御苑へぜひご来園ください。
 
日時:2018年11月10日(土)~11月11日(日)
   9:00~16:00(予定)
 
場所:新宿御苑インフォメーションセンター前(新宿門横)
 
入場料:無料
 
問い合わせ先:環境再生プラザ(電話:024-529-5668)
 
環境省公式ツイッター
2018fukushimakikufesta.jpg
日頃より新宿御苑をご利用頂きましてありがとうございます。
 
2018年8月28日の落雷により破損した大温室ガラス窓の応急復旧工事を11月12日(月)に行います。
 
当日は秋の特別開園期間中のため開園しておりますが、大温室のみ臨時閉館とさせていただきます。
 
ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 
菊花壇展 2018年11月 8日 12:29

大作り花壇

 今日は朝から晴れ気温も高く、気持ちの良い秋晴れの一日となりました。11月1日から始まった菊花壇展も今日で8日目。会期も中盤に来て各花壇も華やいできました。本日は新宿御苑の菊花壇を代表する「大作り花壇」をご紹介します。

181108m (34).JPG

 11月27日(火)より開催予定の「第30回新宿御苑洋らん展」に向けて準備を行っております。
 
 洋らん展は新宿御苑の恒例行事のひとつで、昭和58年(1983)のスタートから今年で30回目をむかえます。洋らん展の会期中は、熱帯植物の中に展示台を設け、洋らんの愛好家からの応募作品約200点と、新宿御苑で栽培している洋らんを展示します。
 また、会場内に洋らん相談コーナーも設け、お客さまからの栽培相談もお受けします。
 
181108a.JPG
181107l.JPG
 11月7日(水)、愛知県田原市立田原中学校の生徒6名が来園し、新宿御苑の歴史と内藤とうがらしの取り組みについて学びました。江戸東京野菜の内藤とうがらし、内藤かぼちゃ誕生の地である新宿御苑を舞台に、江戸時代にはじまり、農園芸の発展にも貢献した明治時代までの御苑の歴史をたどりました。
(写真上:11月1により開催中の菊花壇展より大作り花壇、写真下:内藤とうがらし)
181107g.JPG
 11月1日から15日まで「新宿御苑菊花壇展」が開催されています。今年は、明治150年記念事業の一環として開催期間中には、パークボランティアによる菊花壇展のガイドウォーク及び普段立ち入れない菊の栽培所が特別公開されています。
01.JPG
(菊花壇ガイドウォーク)
02.JPG
(菊の栽培所が特別公開)
■写真がもっと好きになる♪ 親子で楽しむわくわく写真教室
 「カッコイイ写真を撮ろう&野鳥グッズを手作りしよう」■ 
2018oyakophotokyositu.jpg
 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをご紹介します。
 カメラを通して、自然豊かな新宿御苑の魅力を発見してみませんか。
【講師】写真家 木村正博氏、写真家 岡本洋子氏、日本鳥類保護連盟 岡安栄作氏
 
171217m.JPG
【日時】2018年12月1日(土)9:30~15:00
    事前申込制
【対象】小学1年生以上のお子さまとその保護者の方
【定員】親子10組20人
    定員になり次第〆切(先着順に受付)
【内容】
 ・好きな鳥の模型に色を塗ろう
 ・エコ・クッキングランチを食べよう
 ・園内で生きものや植物を観察しよう
 ・野鳥模型と自然を一緒に撮影しよう
 ・希望者はプロカメラマンが作品を添削!
【参加費】1人 1,500円(ランチ代、材料費、保険代)
     入園料は参加者各自負担
 
 ★親子写真教室チラシはこちら
 
【写真教室の参加申し込み方法】
 ①行事名、②参加する方全員の氏名、ふりがな、性別、お子さまの年齢、③住所、④連絡先(電話、メール、FAX番号等)、⑤行事を知ったきっかけを明記し、E-mail、FAX、往復はがきいずれかの方法でお申し込み下さい。
 ※お申込みいただいた方法で受付のご案内を返送させていただきます。
 ※ご記入いただいた個人情報は本行事を運営するために必要な範囲で使用いたします。
 ※お申し込み後、5日以内にお申込みいただいた方法で返信いたします。5日以上経過しても返信がない場合は、お手数ですが下記お問い合わせ先までお電話にてお問合せください。
 
【お申込み・お問い合わせ先】
国民公園協会新宿御苑「写真教室」係
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11
〈TEL〉 03-3341-1461(新宿御苑の開園日9:00~17:00)
〈FAX〉 03-3341-1528
〈E-mail〉 info-shinjuku@fng.or.jp
〈ホームページ〉 http://www.fng.or.jp
 
■2018新宿御苑フォトコンテストの作品を募集中です■
 「新宿御苑の魅力を写そう」をテーマとした「2018新宿御苑フォトコンテスト」の作品を募集しています。
 みなさまのとっておきの一枚を、ぜひフォトコンテストにご応募ください。
■新宿御苑 写真教室
2018photokyositu.jpg
 都会のオアシス新宿御苑をフィールドに活躍するプロカメラマンが、四季折々の御苑の魅力と撮影のテクニックをご紹介します。
 カメラを通して、自然豊かな新宿御苑の魅力を発見してみませんか。
【講師】写真家 木村正博氏、写真家 岡本洋子氏
 
171212hf.JPG
【日時】2018年11月27日(火)9:30~15:00
    事前申込制
【対象】高校生以上の方
【定員】20人
    定員になり次第〆切(先着順に受付)
【内容】
 ・晩秋の庭園風景撮影
 ・エコ・クッキングランチ
 ・新宿御苑フォトコンテスト入賞作品講評会
【参加費】1人 1,300円(ランチ代、保険代)
     入園料は参加者各自負担
 
 ★大人向け写真教室チラシはこちら
 
【写真教室の参加申し込み方法】
 ①行事名、②参加する方全員の氏名、ふりがな、性別、年齢、③住所、④連絡先(電話、メール、FAX番号等)、⑤行事を知ったきっかけを明記し、E-mail、FAX、往復はがきいずれかの方法でお申し込み下さい。
 ※お申込みいただいた方法で受付のご案内を返送させていただきます。
 ※ご記入いただいた個人情報は本行事を運営するために必要な範囲で使用いたします。
 ※お申し込み後、5日以内にお申込みいただいた方法で返信いたします。5日以上経過しても返信がない場合は、お手数ですが下記お問い合わせ先までお電話にてお問合せください。
 
【お申込み・お問い合わせ先】
 国民公園協会新宿御苑「写真教室」係
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町11
 〈TEL〉 03-3341-1461(新宿御苑の開園日9:00~17:00)
 〈FAX〉 03-3341-1528
 〈E-mail〉 info-shinjuku@fng.or.jp
 〈ホームページ〉 http://www.fng.or.jp
 
 
■2018新宿御苑フォトコンテストの作品を募集中です■
 「新宿御苑の魅力を写そう」をテーマとした「2018新宿御苑フォトコンテスト」の作品を募集しています。
 みなさまのとっておきの一枚を、ぜひフォトコンテストにご応募ください。
181106a.JPG
 11月6日(火)、東京ガス新宿ショールームにて、「東京ガス特別料理教室~内藤とうがらしを知る」が開催されました。
 新宿ゆかりの江戸東京野菜である「内藤とうがらし」をテーマに、内藤とうがらしの歴史を知り、料理を作って試食する催しで、満員御礼となる24名の方にご参加いただきました。
 
 私たち国民公園協会も協力を行い、新宿御苑のレストランの総料理長を務める伊藤シェフが講師となり、内藤とうがらしを楽しむレシピと新宿御苑の魅力をご紹介しました。
181106m.JPG
菊花壇展 2018年11月 5日 11:00

大菊花壇~翔天亭で憩いのひと時を

 11月1日よりスタートした新宿御苑の菊花壇展も今日で5日目。今年は連日好天に恵まれ、日を追うごとに特色豊かな菊花がつぼみをほころばせ、会場となる日本庭園が華やいでいます。
181105a.JPG
 本日ご紹介するのは、みごろをむかえた「大菊花壇」です。明治17年(1884)より栽培が始まり、江戸菊花壇〔明治11年(1878)〕、大作り花壇〔明治17年(1884)〕と並んで特に古い歴史があります。
181105e.JPG
売店 2018年11月 4日 09:42

菊まんじゅうと一文字菊

 今日は朝から曇り空で少し肌寒い一日となりました。朝晩の冷え込みも強いので、まず新宿門売店でおしるこを飲んで体を温めてから散策を始められるといいかもしれませんね。

181104m (59).JPG

菊花壇展 2018年11月 3日 15:56

復刻された六角花壇

 明治150年記念事業の一環として、明治天皇の誕生日である本日11月3日(文化の日)は無料開園いたしました。朝から気持ちの良い秋晴れの空が広がり、散策日和の一日となりました。徐々に秋色に染まってきた園内、日本庭園では菊花壇展が開催中ですが、特色豊かな菊花壇を中央休憩所の横から日本庭園に入って順路に沿って進み、初めに見えてくるのが六角花壇です。

181103m (71).JPG

お知らせ 2018年11月 2日 17:00

11月3日(土)は無料開園します

いつも新宿御苑をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 
明治150年記念事業の一環として、明治天皇の誕生日である文化の日【11/3(土)】は無料開園いたします。
 
みなさまのご来園お待ちしております。
 
菊花壇展 2018年11月 2日 14:39

菊花壇展のみどころ情報【11月2日号】

 連日のあたたかさで、各花壇の菊も徐々に咲き進んでいます。このままの陽気が続けば、7日以降には全体の花壇がみごろをむかえる予想です。
181102s52.JPG
(写真:六角花壇)
晩秋のみどころ 2018年11月 2日 13:48

季節のみどころ情報【11月2日号】

ツワブキ、ジュウガツザクラなどがおすすめです。
 
 丸花壇の近くや三角花壇の近くではツワブキの花がみごろをむかえています。群生して咲く菊に似た黄色い花は見事です。緑色の艶めく葉とのコントラストも美しいので近くでも観察してみてはいかがでしょうか。
181102s23.JPG
 サービスセンター近くや桜園地ではジュウガツザクラがみごろをむかえています。白い小さな花ですが、樹全体を白く染め上げるほど咲いています。
181102s14.JPG
開催予定のイベント 2018年11月 2日 09:47

イベント・利用案内情報【11月2日号】

a.jpg
皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ新宿御苑の菊花壇。
晩秋の日本庭園を特色あふれる菊の花々があでやかに彩ります。
趣あふれる日本の伝統美の世界をご鑑賞ください。
 
明治150年記念事業の一環として、明治天皇の誕生日である文化の日【11/3(土)】は無料開園いたします。
 
(1)新宿御苑菊花壇展
■日時:
2018年11月1日(木)~11月15日(木)(期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:
新宿御苑内 日本庭園(東京都新宿区内藤町11)
■料金:
新宿御苑への入園料が必要です。(大人200円、小・中学生50円)
■内容:
皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。
 
(2)菊花壇解説展
■日時:
2018年10月30日(火)~11月18日(日)(期間中は無休)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)
■会場:
新宿御苑インフォメーションセンター 1階アートギャラリー
■料金:
無料
■内容:
新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。
 
(3)明治150年企画「菊花へのまなざし」展
■日時:
2018年10月30日(火)~11月18日(日)(期間中は無休)
9:00~16:00(閉門は16:30)
■会場:
レストランゆりのき(エコハウス)展示室
 
今年は、明治150年記念事業の一環として、普段立ち入れない菊の栽培所を公開するとともに、パークボランティアによる菊花壇展のガイドウォークを以下の日程で行います。
 
(4)菊栽培所の特別公開
■日時:
2018年11月1日(木)から15日(木)まで
■時間:
午前9時から午後4時まで
■場所:
菊栽培所 ※千駄ヶ谷門寄りにあります芝生広場の近くからご入場ください
 
(5)菊花壇展のガイドウォーク
■実施日:
2018年11月1日(木)、4日(日)、6日(火)、8日(木)、11日(日)、13日(火)、15日(木)
■時間:
①午前10時30分から ②午後1時30分から
■場所:
当日開始時間までに、新宿門を入ってすぐ右側にある案内看板前へお集まりください。
 
この期間だけの特別な新宿御苑を是非お楽しみください。
 
 今年は、明治150年記念事業の一環として、11月1日から15日の「新宿御苑菊花壇展」の開催にあわせて、普段立ち入れない菊の栽培所の特別公開と、パークボランティアによる菊花壇展のガイドウォークを行います。
 
 また、明治150年記念事業の一環として、明治天皇の誕生日である文化の日【11/3(土)】は無料開園いたします。
 
 この期間だけの特別な新宿御苑を是非お楽しみください。
 
 
【菊花壇展のガイドウォーク】
181101a.JPG
■実施日:
2018年11月1日(木)、4日(日)、6日(火)、8日(木)、11日(日)、13日(火)、15日(木)
■時間:
①午前10時30分から ②午後1時30分から
■場所:
当日開始時間までに、新宿門を入ってすぐ右側にある案内看板前へお集まりください。
 
【菊栽培所の特別公開】
181101b.JPG
■日時:
2018年11月1日(木)から15日(木)まで
■時間:
午前9時から午後4時まで
■場所:
菊栽培所 ※千駄ヶ谷門寄りにあります芝生広場の近くからご入場ください
 
以下の「続きを読む」をクリックすると菊栽培所 特別公開の様子を写真でご覧いただけます。
 
菊花壇展 2018年11月 1日 12:32

本日より新宿御苑菊花壇展を開催

 今日は朝から晴れ、気持ちの良い秋の空気が園内を包み込んでいます。秋深まる園内、日本庭園では、本日より『新宿御苑菊花壇展』が始まりました。
08.JPG
 新宿御苑の菊花壇展は、池や水の流れに沿って散策する池泉回遊式の日本庭園内に、木や竹の素材をいかした上家(うわや)といわれる建物を設け、特色あふれる菊の花々を、皇室ゆかりの伝統の様式で飾りつけます。中央休憩所横から日本庭園にお入りになって、それぞれの花壇を順路に沿ってご覧いただくと、もっとも美しく鑑賞できるようにデザインされています。 
 
 新宿御苑の四季の魅力をご紹介する園内マップです。散策のおともにご活用ください。各入園門窓口やインフォメーションセンター等でも配布しております。
migoro1811banshu.jpg
菊花壇展と洋らん展がみごろをむかえる新宿御苑で、 憩いのひとときを お楽しみください。
 
JPGファイル  地図[721KB]  情報[748KB]
PDFファイル  地図[328KB]  情報[376KB]

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30