秋のバラが咲きすすんでいます【予告10/20-21バラガイドウォーク】

カテゴリ:

181014rosea.JPG
 新宿御苑の秋を華やかに彩るバラの花。10月7日に咲きはじめた様子をお知らせしてから今日で1週間となりました。気になる咲き具合は今日で1~2分咲きほど。品種によってばらつきがありますが、現在ほぼすべての品種が開花しました。全体のみごろは10月20日(土)頃になりそうです。
(写真上:整形式庭園、写真下:ゴールドバニー)
181014roseb.JPG
181014rosec.JPG
 新宿御苑は110種約500株のバラを植栽しており、初夏と秋の年2回みごろをむかえます。同じ品種でも季節によって花の持ち味は変わり、秋に咲くバラは小ぶりで香りも良く、花がよりシックな色味になるのが特徴です。
181014roseca.JPG
 春はレモンイエローやピンク、ラベンダーなど軽やかなパステルカラーが映えていましたが、秋は赤やオレンジ、クリームホワイトといった花色に、より季節感が感じられそうですね。
(写真:トランぺッター)
181014rosed.JPG
(写真:エーデルワイス)
181014rosee.JPG
 枝先についたつぼみもふくらみ、これから秋の日差しを受けて次々とほころんでいきそうです。
(写真:カウンティ フェア)
 
 10月20日(土)、21日(日)には「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」も開催予定となっております。
新宿御苑のボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」バラ班のみなさんが、美しく花を咲かせるための栽培のコツや、バラの歴史や品種、香りなどの楽しみ方をご紹介します。

2018年10月14日 14:00

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30