中秋の名月とススキ

カテゴリ:

 今日は朝からぽつりぽつりと雨が降っていましたが、開園前には止み、曇り空の涼しい一日となりました。本日9月24日は「中秋の名月」、「十五夜」とも呼ばれていて、お月見をするのが習わしとなっています。

180924s15.JPG

180924s27.JPG
 「お月見」といえば、「お団子」や「満月」などを思い浮かべるかと思いますが、お月見には欠かせない植物にはススキがあり、日本庭園では穂をつけ、風にたなびいている姿を観察できます。
180924s22.JPG
 「お月見」という風習は、もともと中国から伝わり、日本では平安時代以降に貴族の間で盛んに催され、江戸時代に入ると庶民の間で収穫祭として広く親しまれるようになったそうです。
180924s17.JPG
 満月を豊穣の象徴とし、収穫物を供える中で、稲穂はまだ穂が実る前の時期であることから穂が出たススキを稲穂に見立て、魔除けにもなると言う事もあり、ススキを供えたそうです。
180924s10.JPG
 ススキが植栽されている日本庭園では、現在11月1日から開催の「菊花壇展」に向け、上屋などの工事を行っています。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
「新宿御苑菊花壇展」
 日時:平成30年11月1日(木)~11月15日(木)(期間中は無休)
    9:00~16:00(閉門は16:30)
 会場:新宿御苑内日本庭園
 料金:新宿御苑への入園料(大人200円、小・中学生50円)
 内容:皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。

2018年9月24日 10:20

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30