シマサルスベリがみごろです

カテゴリ:

 

1.jpg

 今日も早朝から気温がぐんぐんと上がり、開園前には30℃を超えました。元気いっぱいの太陽が、園路にくっきりとした影を作り、見上げると木々の葉が輝いています。

 

 母と子の森で、シマサルスベリがみごろをむかえています。

2.jpg

 シマサルスベリはラクウショウの森を抜けた母と子の森外周に植栽されています。高い所で咲いているので、気が付かずに通り過ぎてしまう方もいらしゃるかもしれませんが、少し上の方を見上げながら歩いて頂くと、トンネルのように園路に伸びた枝に可憐な花がたくさん咲いているのをご覧いただけます。

3.jpg

 シマサルスベリは、沖縄の山地に自生する関東では珍しいサルスベリで、環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されています。サルスベリより白くて小さい花は、繊細な印象で、葉の先が尖るのもサルスベリとは異なる点です。

4.jpg

 

5.jpg

 このシマサルスベリは樹高23mの大木に育ち、枝ぶりも魅力的ですし、白い樹肌が緑の中で存在感を放っています。見上げているとハラハラと花びらが落ちてきました。元気いっぱいのハチ達が忙しそうに、あっちの花からこっちの花へと飛び込んで、花びらを落としているようです。

6.jpg

 風に揺れてキラキラと輝くシマサルスベリの花をお楽しみください。

2018年7月18日 16:05

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31