華やかなムクゲの花がみごろです

カテゴリ:

 本日も朝から青空にはさんさんと太陽が輝き、開園間もなく気温が30℃を超えて真夏日となっています。太陽の下では、じりじりと肌を焦がすような暑さを感じますが、深緑の木々が作り出す木陰の下では、清涼な風が吹き抜けていきます。
01.JPG
02.JPG
03.JPG
「この花がみごろになると、夏が来た!って感じがして元気になるの。」とお客様。
咲き誇るムクゲの花を見つめていらっしゃいました。
04.JPG
 太陽の光が降り注ぐ中、元気よく咲いたムクゲの花は、朝咲いて夕方には散る一日花です。つぼみをたくさんつけて次々に咲き続けるので、韓国では、「長く咲き続ける花」という意味の無窮花(ムグンファ)という名で呼ばれ、国の繁栄を象徴する国花として愛されています。
05.JPG
 中国原産の落葉低木で、日本には朝鮮半島を経由して古い時代に渡来しました。平安時代ごろから栽培されていたといわれています。白花や八重咲きなどたくさんの園芸品種があり、生け垣などによく植えられてきました。
06.JPG
 花色が薄ピンク色の株の隣では、濃いピンク色の八重咲きのものも咲いています。花の違いを見比べながら鑑賞するのも良いかもしれませんね。
07.JPG
 夏空に咲くムクゲの花をお楽しみください。
08.JPG

2018年7月 1日 12:20

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31