ふわりと揺れるヤブミョウガの花

カテゴリ:

1 (2).JPG
【写真↑:母と子の森 ラクウショウ近く】
 昨日、関東地方の梅雨明けが発表されました。6月中に梅雨明けが発表されるのは初めてのことのようです。今日も朝早くから、すっきりとした青空が広がり、園路の木漏れ日がキラキラと輝いています。お客様は帽子や日傘を利用されたり、半袖や短パン等の軽装で散策を楽しまれています。「御苑に近づくとだんだん涼しくなるのを感じるのよ。」とお客様が教えてくださいました。環境省の調査では新宿の街と比べると園内は2度から3度気温が低いということが分っています。特に巨樹の木陰の道は、この季節のお散歩におすすめです。
 園内各所の木陰では、ヤブミョウガが咲いて、涼し気な白い花が揺れています。
3 (2).JPG
 「園路沿いに出ている白いモコモコとした花はなんですか?」とご質問いただきました。確かにモコモコと可愛いつぼみが集まっていますね。ヤブミョウガはツユクサ科の多年草です。スーッと伸びた茎の先に小さな白い花を輪っか状に数段咲かせます。暗い藪の中で咲いた真っ白な花は、小さな明かりがポっと灯ったように見えます。  
4.JPG
 ヤブミョウガはミョウガと名前についていますが、食卓に登場するショウガ科のミョウガとはグループが違い、地下にミョウガはできません。藪地などの暗いところを好み、葉の形がミョウガに似ているのが名前の由来です。美しい葉はグランドカバーにもぴったりです。
5.JPG
 ヤブミョウガは母と子の森のラクウショウの下、西休憩所の周りやサービスセンター近く等で多くご覧いただけます。目にも涼しいヤブミョウガをお楽しみください。
2 (3).JPG
【写真↑:西休憩所近く】

2018年6月30日 13:32

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30