内藤とうがらしを育てています

カテゴリ:

180607a.JPG
 三角花壇とサービスセンター前プランターで、新宿ゆかりの江戸東京野菜・内藤とうがらしの栽培を始めました。現在は青々とした若葉をピンと広げていますが、これから夏に花が咲き、秋には真っ赤な実がなります
 
 三角花壇はイギリス風景式庭園の芝生と芝生の間、中央休憩所近くにあります。その名の通り、全体が三角形にデザインされた花壇です。花壇は四季折々の植物を楽しめるよう、定期的に植え替えと管理を行っています。
(写真下:サービスセンター前のプランター)
180607b.JPG
 江戸東京野菜といえば、野菜の名前に地名がつくものが多いのが特徴のひとつ。内藤とうがらしの「内藤」も、江戸時代に御苑の地に下屋敷を構えた徳川家康の家臣・内藤家にちなむもので、現在も新宿御苑の所在地である「新宿区内藤町」という地名として残っています。
180607c.JPG
 内藤とうがらしは、江戸時代に内藤家の菜園(後の新宿御苑)で栽培が始まった新宿ゆかりの江戸東京野菜です。当時、江戸で起こった一大そばブームとともに、薬味として瞬く間に世に広まり、秋の実りの季節には新宿から大久保にかけての一帯を真っ赤に染めるほど盛んに生産された歴史があります。
(写真:実のなった内藤とうがらし)
180607e.JPG
 都市化による農地の減少や辛みの強い鷹の爪が登場したことで一旦は姿を消しましたが、2008年に内藤とうがらしプロジェクトが発足し、歴史の解明と復活・栽培の取り組みが進められました。現在は新宿区内の小学校や地元商店街、家庭で栽培され、新宿ゆかりの野菜として地域で愛着をもってはぐくまれています。
(写真:サービスセンター前のプランター)
180607f.JPG
 また、2020年の東京オリンピックに向けて東京の魅力を世界に発信する機運が高まるなか、江戸・東京の歴史や文化を今に伝えるブランド食材のひとつとして注目を集めています。
 
 とうがらしというと辛い野菜というイメージがありますが、内藤とうがらしはマイルドな辛みと旨味が特徴のとうがらしです。
 昆布のような旨みがあるので、お料理のお出汁として使うことができるほか、食材同士を調和させるまとめ役としても活用できるため、フルーツやアイスクリーム、チョコレート、餡子など、和洋さまざまな食材とも相性が良いというのもポイントです。
180607g.JPG
 園内6か所の休憩所内売店では、新宿ゆかりの内藤とうがらしを取り入れた「内藤とうがらしグッズ」をご紹介しています。血流を良くし新陳代謝アップ効果のあるトウガラシは、暑くなるこれからの季節にぴったり。人気の一味や七味のほか、新作スイーツや文具、雑貨などバリエーション豊富に取り揃えました。
(写真:左上から時計回りにバンダナ、竹しおり、煎餅、カップケーキ、クレープアイス、一味、七味)
180607h.JPG
 江戸東京野菜ケーキの内藤とうがらし味は今季初登場。内藤とうがらしの風味を生かした、甘さのなかのピリッとした辛みがアクセント。内藤とうがらしの風味をたっぷり味わうことができます。おひとつからお求めいただけますので、おやつにもピッタリです。
180607i.JPG
(写真:一味とうがらしと七味とうがらし)
180607j.JPG
(写真:内藤とうがらし煎餅はピリ辛と大辛の2種類があります)
180607k.JPG
 ひんやりスイーツの「内藤とうがらしクレープ」は、内藤とうがらしを白餡に練りこみ、ふんわりホイップクリームと一緒に包んだロールクレープアイスです。クリームの甘さのなかに、ほんのりピリリとくる内藤とうがらしの風味がクセになる一品です。
180607l.JPG
 内藤とうがらしトートバックは緑と赤の2種類。丈夫なキャンバス生地に、内藤とうがらしのイラストがワンポイントで入ったシンプルなデザインです。A4サイズのノートがぴったり入る、使いやすい定番サイズです。
180607la.JPG
(写真:内藤とうがらしトートバック)
 
 
 また、新宿御苑では日頃より、園内の飲食施設「レストランゆりのき」と「カフェはなのき」で、新宿ゆかりの内藤とうがらしをはじめ、都内の農家直送の新鮮な江戸東京野菜を使った地産地消メニューの提供や、環境にやさしいエコ・クッキングの取り組みを進めております。
180607m.JPG
(写真:里帰りシカ肉カレーセット★鉄分豊富でカロリー控えめなシカ肉は、高たんぱく低脂肪でミネラルが豊富。江戸東京野菜の内藤とうがらしで味付けをしています)
180607ma.JPG
(写真:内藤ドッグ★内藤とうがらしソーセージとシカ肉ソースのホットドッグです)
180607n.JPG
(写真:内藤とうがらしとイチゴのソース添えアイスクリーム★甘さとスパイスのハーモニー♪)
 
 
 
 カフェはなのき、レストランゆりのきは、とうきょう特産食材使用店に登録されています。
 
 江戸の食文化を支えた内藤とうがらし。さわやかな初夏の園内散策を楽しみながら、内藤とうがらしのはじまりと盛衰、そして復活に至るまでのストーリーに親しんでみてはいかがでしょうか?
 内藤とうがらしのこれからの生長を一緒にあたたかく見守ってくださいね。
180607o.JPG
(写真:イギリス風景式庭園)

2018年6月 7日 11:00

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31