マテバシイの花が咲いています

カテゴリ:

1.JPG
 朝早くから太陽がキラキラと輝いて、気温はグングンと上がっていますが、木陰はさわやかな風が吹き抜けていきます。梅雨入り前の晴天の日曜日とあって、たくさんのお客様が貴重な初夏の一日を楽しまれています。
2.JPG
 環境省の主唱により、6月5日は「環境の日」、6月の1ヶ月間は「環境月間」とされています。これは、1972年6月5日にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。世界各国では、環境の保全についての関心と理解を深め、行動に繋げることを目的としたイベントを行っています。新宿御苑では、この環境月間にちなみ、毎年6月の第1土曜日曜を無料開園日にしています。昨日に引き続き、本日も入園が無料となっています。
3.JPG
 この時期、インフォメーションセンターでは、「上の方が金色に光っているのは何の木ですか?」とお問い合わせをいただきます。こんもりとした木の上部にたくさんの花を咲かせているのは、ドングリでお馴染みのマテバシイです。フワフワとした花はタケノコを茹でたような独特の香りを放っています。
4.JPG
5.JPG
 この動物のしっぽのような長い花がドングリになるのかと、驚かれる方もいらっしゃると思いますが、目立っているこの花は雄花序です。雌花序はスッと伸びた枝のように見え、ポツポツと雌花がついています。マテバシイは、花が咲いてドングリになるまでには1年半かかります。花の近くには、去年受粉して出来た実が成長しながら出番を待っています。
6のコピー.jpg
 三角花壇近くには、幹が地面に着きながらも生長を続けているたくましいマテバシイがあります。観察するのにちょうどいい高さで花を咲かせています。この近くだけで約20本の植栽があり、園内には約1200本のマテバシイがあります。秋にはたくさん実って、新しい命が芽吹くだけでなく、園内の動植物の食糧や住処にもなります。
7.JPG
 太陽の光を浴びて輝くマテバシイの花をお楽しみください。 
8.JPG    
 
 

2018年6月 3日 11:59

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30