ナツツバキがみごろです

カテゴリ:

 環境省の主唱により、6月5日は「環境の日」、6月の1ヶ月間は「環境月間」とされています。これは、1972年6月5日にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。世界各国では、環境の保全についての関心と理解を深め、行動に繋げることを目的としたイベントを行っています。
180602s14.JPG
 新宿御苑では、この環境月間にちなみ本日6月2日(土)と明日6月3日(日)が無料開園日となっています。
180602s11.JPG
 今日は朝から涼やかな風が吹く初夏らしい気持ちの良い一日となりました。だんだんと夏に向かう園内、千駄ヶ谷門近くではナツツバキがみごろをむかえています。
180602s08.JPG
 ナツツバキは福島以西から九州にかけて自生する落葉高木で、夏にツバキに似た花が咲くことが名前の由来です。花は直径5cmほどの大きさで、朝咲いた花が夕方に散る一日花で清涼感のある白い花を、次々と咲かせます。
180602s09.JPG
(写真:ナツツバキ)
180602_49.JPG
(写真:サラソウジュ(温室))
 葉の形がインド原産のフタバガキ科の樹木・サラソウジュ(沙羅双樹)に似ていることから、サラノキが転じてシャラノキとも呼ばれています。また、日本の冬を越せないサラソウジュの代わりにナツツバキが日本の寺院に代用品として植えられたそうです。
180602s13.JPG
 例年ですと6月下旬頃まで、花をお楽しみいただけますが今年はあたたかな気候の為、6月中旬頃までとなりそうです。そろそろ梅雨をむかえ、しっとりとした空気に包まれる新宿御苑で、清涼のあるナツツバキの花をお楽しみください。

2018年6月 2日 10:51

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31