ビワの実がみごろです

カテゴリ:

 今日は朝は曇り空で涼やかでしたが、だんだんと日差しが射し、気温も上がり夏のような熱い一日となりました。昨日の雨で潤いが戻った園内、玉藻池の近くではビワの実がオレンジ色に染まり、みごろをむかえています。

180524s1.JPG

180524s3.JPG
 ビワ(枇杷)という名前は、果実の形が楽器の琵琶(びわ)に似ていることに由来します。中国から渡来したといわれていますが、奈良時代の文献にも登場しており、古くから日本にあったとされている常緑高木です。
180524s2.JPG
 美味しいだけではなく様々な用途に使える樹木で、葉は打ち身や捻挫、皮膚病などに効き、種子は咳止めや去痰に用いられます。材は弾力があり美しいので、櫛や杖などに使われます。
180524s4.JPG
 園内には20本ほど植栽があります。もう少し熟していくと園内で暮らす野鳥たちが美味しそうに食べる様子もご覧いただけそうです。(※新宿御苑では動植物の採取は禁止しておりますので、花や葉、実などをとらないようお願いいたします)

2018年5月24日 10:06

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31