雨粒キラリ!赤いブラシ♪ピンクのブラシ♪

カテゴリ:

1.JPG
 お昼の雷雨から一転、青空が広がってきました。たっぷりと降った雨で園内はしっとりとして植物が放つ香りが立ち込めています。
 大温室近くと大木戸門近くでブラシノキがみごろをむかえています。
2.JPG
 大温室の坂を上がると左側にピンクと赤のブラシノキが見えてきます。ピンクのブラシノキは植え込みから飛び出すように咲いている花もありますので、近くで観察したり撮影したりすることができます。
3.JPG
  赤いブラシノキはバックヤードにつながる斜面に植栽されていますので近くに寄ることは出来ませんが、全体についているたくさんのブラシを上から眺めることができます。
4.JPG
 ブラシノキはオーストラリア原産の常緑低木~高木で日本には明治中期に渡来しました。花びらやガクは開花後すぐに落ちてしまいますが、雄しべが落ちずに残るので、その部分がブラシのように見え、とてもユニークです。哺乳瓶を洗うブラシにそっくりですね。英名でもボトルブラッシュと呼ばれています。
5.JPG
 花の周りを見てみると黄緑色のつぼみの他に、枝を取り囲むようについた茶色いビーズのような実があります。ブラシノキは実を落としたり、鳥に食べてもらうことはせずに、実を大切につけたままにしていています。そして翌年には、その上に葉やつぼみをつけて伸びていきます。ふるさとのオーストラリアでは乾燥で森林火災が起きて、木が焼けると実が割れて粉状の種子を一気に飛ばすというユニークな子孫の残し方をとっています。
6.JPG  
 大木戸門の近くには赤いブラシノキの大木があります。植え込みの奥なので近くでご覧いただけませんが、たくさんの赤いブラシが枝垂れているのをお楽しみいただけます。(券売所の外側に植栽されています。園内に戻られる場合は券売所で再入園のスタンプを押してもらってください。)
7.JPG
 キラキラと眩しい初夏の新宿御苑をお楽しみください。  
 

2018年5月10日 15:45

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31