【5/19(土)~20(日)】バラガイドウォークを開催します

カテゴリ:

 フランス式整形庭園のバラ花壇では、赤やローズピンク、薄ピンク、クリーム、黄色、オレンジ、紫、薄紫、白、絞りなど、110種約500株のバラが色とりどりに咲き誇り、新緑の園内にひときわ華やかな彩りを添えています。
180509a.JPG
 バラの開花時期にあわせて、5月19日(土)~20日(日)は「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」を開催しました。
 1日目の今日はお天気にも恵まれ、ときおり吹き抜けるさわやかな風が心地よい初夏らしいお天気となりました。
180509b.JPG
 新宿御苑のバラ花壇は、ボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」のバラ班の皆さんのご協力を得て、栽培管理を行っています。
 ガイドウォークでは、管理に携わるボランティアのみなさんが、美しくバラの花を咲かせるための栽培のコツや、バラの特徴や歴史、香りなどを分かりやすくご紹介します。
 
180509c.JPG
 バラはガーデニングの花としてはもちろんのこと、愛らしい花姿がファッションやアクセサリーなどのモチーフとしてデザインされたり、香水やスイーツなど食品への利用など、様々な形で私たちの身の回りに取り入れられていますね。
 人気の花・バラの魅力に親しむガイドウォークとあって、たくさんのお客様が参加していらっしゃいました。
180509d.JPG
 参加されたお客様は、バラの花が好きという方から、ご自分のお庭でもバラを育てているという方まで様々で、「バラは世界に何種類あるんですか?」「初心者でも育てやすいバラはありますか?」などなど、熱心に質問なさる方もいらっしゃいました。
180509e.JPG
 会場の一角には、バラの香りを楽しむ特設コーナーも設けられました。
 バラは花の美しさはもちろんのこと、花の香りも人気が高く、香水や化粧品、アロマなど香料としても親しまれていますね。
180509f.JPG
 バラと一口にいっても香りの種類には個性があり、大きく分けて7つのタイプに分類されます。こちらのコーナーでは香りの系統が異なる20品種のバラを集め、花の香りの違いを間近でお楽しみいただけます。
「バラも品種によって香りが違うんですね」「こちらの花の方がすっきりして好みです」など、みなさま香りの違いを楽しんでいらっしゃいました。
180509g.JPG
 バラは身近で親しまれる花のひとつですが「バラの殿堂入り」というものがあるのは知っていらっしゃいますか? 
 バラの品種数は3万種から10万種ともいわれますが、この数あるバラのなかか3年に一度、世界の39か国(2018年現在)が加盟する世界バラ会議(本部イギリス)により、1品種※に授与される栄誉ある賞です。
(※2006年の日本 大阪大会では「ピエール ド ロンサール(Pierre de Ronsard)」と「エリナ(Elina)」の2品種が受賞しました)
180509ga.JPG
 1976年に開催されたイギリス オックスフォード大会で「ピース(Peace)」が授与されたことにはじまり、2015年に開催されたフランス リヨン大会の「カクテル(Cocktal)」まで、現在16品種が殿堂入りしています。
 今年の2018年にはデンマーク コペンハーゲン大会の開催が予定されています。
180509h.JPG
 新宿御苑のバラ花壇には殿堂入りを果たしたバラ16品種すべてを植栽しています。都内にはバラを植栽した庭園や公園が数多くありますが、都内近郊で殿堂入り品種すべてを一度にご覧いただける庭園はめずらしいのではないでしょうか。
180509i.JPG
 バラの殿堂入り品種の看板には「殿堂入り」を表すマークを表示しています。バラを鑑賞する際はぜひ参考になさってください。
180509l.JPG
 明日も「新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク」を開催します。新宿御苑でお気に入りのバラを愛でながら、魅力に親しむひとときをお楽しみください。
180509m.JPG
■新宿御苑のバラを作る人と語るガイドウォーク■
 ボランティアグループ「グリーンアカデミークラブ」のバラ班のみなさんが、美しく花を咲かせるための栽培の苦労話なども交えながら、バラの歴史や品種、香りなどの楽しみ方をご紹介します。
【開催日】平成30年5月19日(土)、5月20日(日)
180509j.JPG

2018年5月19日 11:00

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31