5月10日~16日は愛鳥週間(Bird Week)♪野鳥を通して自然に親しもう

カテゴリ:

 毎年5月10日から16日の一週間は「愛鳥週間(Bird Week)」です。野鳥の保護を推進し、野鳥を大切にする気持ちを広めるために設けられました。期間中は全国各地で探鳥会や講演会など、野鳥保護にちなんだ様々な行事が開催されます。
 
 5月5日の立夏を過ぎ、新宿御苑に暮らす生きものたちの活動も活発になってきました。園内の生きものの中で特に親しみやすいのが野鳥です。耳を澄ませば園内各所で野鳥のさえずりが聞こえ、元気に飛びかう姿を目にする機会も多いのではないでしょうか。
180512a.jpg
【新宿御苑フォトコンテスト入賞作品】「緑輝く時」 中山基司さん
 
 この季節ならではといえるのが、巣立ったばかりの野鳥のヒナ(雛)との出会いです。木々がぐんぐんと枝葉を広げ、草木が茂るこの季節は、野鳥たちにとっては子育てシーズン真っ最中。そして、すくすくと育ったヒナが巣立ってゆく季節でもあります。
(写真下:シジュウカラの巣立ち雛)
180512b.JPG
180512j.JPG
 しばしば「森の中の巣箱はどんな鳥が住んでいますか?」とお客様からお問い合わせをいただきます。ここ母と子の森には野鳥観察イベントで架けた鳥の巣箱がいくつかあります。
180512c.JPG
 おもに巣箱を使用しているのはシジュウカラです。
(写真のこげ茶色の巣箱は以前に利用していたものです)
180512d.jpg
 シジュウカラは、のどからお腹の黒いネクタイ模様と「ツツピー♪ツツピー♪」というさえずりが特徴です。一年中、日本に暮らしていて、市街地の公園や住宅地などでも普通に見ることができる身近な野鳥です。大きさはスズメと同じくらいで、木の上や地面で虫や草木の種などを探して食べています。
180512e.JPG
 好奇心旺盛な性格で、個体によってはかなり人に懐くものもいるそうです。また、あまり人を恐れないので、人の作った巣箱や素材、動物の毛なども巣材として積極的に使うことでも知られています。
(写真:竹を結わえた縄をむしるシジュウカラ/3月撮影)
180512f.JPG
 好んで巣箱を利用しているため、シジュウカラは母と子の森を散策して一番よく出会える野鳥といえるかもしれません。今日は巣立ち雛と、せっせとエサを運ぶ親鳥の姿を観察することができました。
180512g.JPG
 親鳥がエサを運んでくると、ヒナは口を開け、大きく鳴いてエサを催促します。最初はヒナのそばまで寄ってエサを与えていた親鳥でしたが、だんだんと離れた枝にわざと止まるようになります。すると、お腹が空いているヒナは、自分から親鳥の元に行こうと、必死にぎこちないながらも羽をはばたかせはじめます。こうして飛ぶ練習を重ねて、やがて一人前になります。
180512h.JPG
 野鳥のヒナとはいっても、巣立ったヒナの大きさや形はほとんど成鳥(写真上)と変わりません。ただ、よくよく見ると、まだ羽毛が十分に生えそろっていなかったり、飛び方や足の運びがよちよちと安定していなかったりなど、どことなく幼げな印象が感じられます。
180512k.JPG
 巣立ったばかりの野鳥のヒナは上手に飛べないため、枝から枝に移るときに地面に落ちてしまうことがありますが、基本的に拾わずにそのままにしておいてください。近くに姿は見えなくても、ほとんどの場合すぐそばで親鳥が見守りお世話をしています。人間がヒナの傍にいると親鳥が近づくことが出来ないので、静かにその場を離れてください。
(写真:シジュウカラのヒナ)
 
※新宿御苑では、生きものの保護を行っておりません。野生生物を捕まえたり飼育することは法律で禁止されていますので、保護を行う場合は必ず各都道府県の野生鳥獣保護担当機関に連絡し、アドバイスを受けてください。
180512i.JPG
 こうした野鳥の親子の姿を目にするのは、巣立ちシーズンにあたるこの季節ならではです。新宿御苑で野鳥の親子に出会った時は、どうぞあたたかく見守ってあげてくださいね。
(写真:母と子の森)
180512l.JPG
 現在配布している「初夏のみどころマップ」では、裏面のトピックスでも新宿御苑の生きものたちをご紹介しています。
 みどころマップは発行物ページでもご覧いただけるほか、各入園門のチラシラックでも配布しております。ぜひご活用ください。
180512m.JPG
 大木戸休憩所売店では、野鳥ピンバッチや野鳥したじきなど、鳥に親しむ各種グッズをご紹介してます。
180512o.JPG
 園内散策の際にはぜひお立ち寄りください。
(写真:大木戸休憩所売店)
 
■新宿御苑の庭園を守るために■
 新宿御苑は旧皇室園地の歴史のある庭園です。貴重な園内の動植物や施設を守り、庭園を訪れる皆さまに楽しく安全で快適にお過ごしいただけますよう、次に掲げる行為及びこれに類する行為はご遠慮ください。皆さまのご協力をお願いいたします。
 
【自然保護・文化財保護のため、動植物や庭園、施設等を傷つける以下の行為はご遠慮ください。】
・植物を採ったり傷つけたりすること
・動物(魚類、昆虫類を含む)を捕まえたり傷つけたりすること
・園内の木に登ること
・園内の動物にえさをやること
・立入禁止、植栽保護区域に立ち入ること
・植物を持ち込んで植えること
・動物を持ち込んで放すこと
・施設や工作物等を壊したり、汚損すること
・その他、管理者が適当でないと認める行為
 

2018年5月12日 10:00

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30