フィナーレを飾るバイゴジジュズカケザクラ

カテゴリ:

1.JPG
 3月からお楽しみいただいております新宿御苑の桜。今年は異例の早さで咲き進み、現在はカンザン、イチヨウ、フゲンゾウなど八重桜が園内を彩っていますが、いよいよラストランナーの菊咲きの桜「バイゴジジュズカケザクラ」が園内各所でみごろになりました。
2.JPG
 フランス式整形庭園近くのバイゴジジュズカケザクラは植栽場所もよく堂々とした枝ぶりです。葉に隠れるように咲く小さな花なので、遠くからみると目立たないのですが、木の下まで行って見上げると、たくさんの可愛い花をご覧いただけます。
3 (2).JPG
3.JPG 
 バイゴジジュズカケザクラは新潟県京ヶ瀬村の梅護寺に国の天然記念物に指定された原木があり、親鸞聖人が出立の際、手にしていた数珠を桜の枝に掛けて仏法を説いたところ、毎年数珠のように花がつながって咲くようになったと伝えられています。
4.JPG
 下の池の近くにも、バイゴジジュズカケザクラがあります。こちらは細い木ですが、たくさんの花をつけています。まるでピンクの妖精達がこちらを覗き込んでいるようですね。 
5 (2).JPG
 今日は、すっきりとした青空が広がり、新緑と桜のピンク色がとても爽やかでした。穏やかな春の一日、新宿御苑でおくつろぎください。
6 (2).JPG
 

2018年4月10日 14:25

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30