華やかな八重桜がみごろ♪御苑の桜のベストシーズンです

カテゴリ:

 今年はお天気に恵まれ、連日お花見日和が続いていました。
 特色あふれる八重桜がみごろをむかえた新宿御苑。広大な芝生が特徴のイギリス風景式庭園では、枝いっぱいに花が咲いた八重桜の華やかな姿が目をひきます。
180405a.JPG
 手まりのようにぽってりと咲いているのは、御苑の桜の代表品種であるイチヨウ(一葉)です。整った丸みのある樹形がピンク色に染まり、まるでお菓子の綿あめのようですね。
 このほか、黄色の桜・ウコン(鬱金)や緑の桜・ギョイコウ(御衣黄)など、人気の八重桜がみごろをむかえ、特色あふれる八重桜の競演が楽しめます。
 新宿御苑は染井吉野が咲き終わり、4月に入ってからが桜のベストシーズン。約20種500本の八重桜が次々と花を開き、まさに毎日がお花見日和となります。
180405b.JPG
 新宿御苑には約65種1000本の桜がありますが、そのうちのおよそ半分が八重桜です。桜といえば「染井吉野」がおなじみですが、御苑で桜の多様性や奥深さに親しまれる方も多いようです。
180405ba.JPG
(写真:イギリス風景式庭園)
180405c.JPG
(写真:日本庭園)
180405d.JPG
(写真:桜園地)
180405ea.JPG
 「どうして御苑には色々な種類の桜があるの?」と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 新宿御苑の桜の歴史は、明治時代に始まった皇室行事「観桜会」をルーツとしています。
180405eb.JPG
 観桜会は、明治14年(1881)に皇室主催の桜の鑑賞会「観桜御宴」として吹上御所ではじまり、毎年4月に催されました。
 この頃の新宿御苑は宮内省の所管で、皇室献上用の御料野菜や果物の栽培を行っていました。宮中晩さん会の装飾花として、洋ランなどの温室植物の収集、研究、改良が行われたほか、桜や菊など日本の代表的な花き栽培にも力をそそぎました。
180405e.JPG
 観桜会は、明治16年(1879)から大正5年(1916)まで浜離宮を会場としていましたが、明治39年に皇室庭園「新宿御苑」が完成すると、大正6年より新宿御苑で催されることになりました。その後、昭和13年(1938)まで新宿御苑で観桜会が行われました。
180405f.jpg
 新宿御苑では観桜会に向けた事業として、大正7年(1918)より園内の在来種や日本各地の桜の調査を行いました。その後、調査結果を踏まえて、全国各地の県知事に宛てて、各地域の特産品種を中心に桜の注文を行い、大正9年までに約188種1140本の桜が到着しました。
(写真:昭和25年頃のイギリス風景式庭園)
180405fa.JPG
(写真:現在のイギリス風景式庭園※上の写真とほぼ同じ場所から撮影)
180405g.JPG
 新宿御苑の総指揮者として主導的な役割を担った福羽逸人は、自身の著書『回顧録』において「新宿御苑は桜の本数が多く、種類数も他に例のない、まさに日本における名花の御苑である」と記しており、特に八重桜の一葉(イチヨウ)と普賢象(フゲンゾウ)を「観桜会の時に賞玩すべき品種」と称えています。
(写真:普賢象)
180405h.JPG
 庭園の誕生から110年以上が経過しましたが、園内には皇室庭園時代ゆかりとされる古木もあり、いまも新宿御苑は八重桜が彩るお花見の名所として、国内外の幅広い世代のみなさまに親しまれています。
(写真:フランス式整形庭園の奥にある正門(※正門から入退園はできません)には、桜の代表品種であるイチヨウの花がデザインされています)
180405i.JPG
(写真:門にデザインされたイチヨウ
180405j.JPG
(写真:イギリス風景式庭園)
 
 桜のみごろシーズンにあわせて、園内のエコハウス展示室では、新宿御苑特別企画「大正・昭和の歴史史料よりひもとく皇室庭園新宿御苑の桜の歴史」を開催しています。約100年の歴史を受け継ぐ新宿御苑の桜について、来歴を記した史料や精密画などを交えて魅力をご紹介いたします。ぜひご来場ください。
 
■新宿御苑特別企画「大正・昭和の歴史史料よりひもとく皇室庭園新宿御苑の桜の歴史」
【日時】2018年3月6日(火)~5月予定(予定)
    9:00~16:30
【会場】エコハウス展示室(レストランゆりのき内)
180405ja.JPG
180405jb.JPG
 時代を超えて受け継がれ、新宿御苑の歴史とともに歩んできた、特色あふれる桜の花々をぜひご観賞ください。
(写真:レストハウス近くの関山(カンザン))

2018年4月 5日 11:00

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31