ハクモクレンが咲きはじめました

カテゴリ:

 今日は朝から雲があり、少し冷たい風が吹くちょうど冬と春の中間を歩いているような一日となりました。春に向け歩みを進めている園内、新宿門近くや日本庭園ではハクモクレンが咲きはじめました。
180310s08.JPG
180310s09.JPG
 ハクモクレンはこの時期になるとお客様からのお問い合わせの多い、とても人気な木です。冬の間、毛皮のコートの様な冬芽に覆われていた花の芽ですが、数日あったあたたかさからか花開いたようです。
180310s01.JPG
 新宿門近くのハクモクレンは日当たりに恵まれ、園内でもいち早く咲きはじめます。他の木と違い、木の近くまで寄れるのでおすすめのスポットです。
180310s06.JPG
 園内には約25本のハクモクレンがあり、新宿門近くの他、日本庭園、母と子の森外周など各所に植栽されています。なかでも、日本庭園のお茶室・楽羽亭前の巨樹は、江戸時代に植えられたといわれる日本随一の古木といわれる必見の名木です。
180310s02.JPG
 まだつぼみが多く咲きはじめたばかりですが、これから気温が高い日が続く予報のため、来週にはみごろをむかえる予想です。冬の眠りから覚め、ゆっくりと春に向けて動き出す新宿御苑の植物をお楽しみください。

2018年3月10日 11:11

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31