シュゼンジカンザクラがみごろです

カテゴリ:

 空を覆っていた厚い雲は、開園後間もなく切れ、青空が見えてきました。気温は低いですが、風もなく穏やかな散策日和になりました。
0.JPG
1.JPG
 中の池のレストハウス近くで、シュゼンジカンザクラが見ごろをむかえています。
7.JPG
 シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)はカンヒザクラとオオシマザクラの交雑種と考えられている栽培品種です。名前の通り静岡県修善寺町の修善寺にある物が原木であるとされています。
3.JPG
 シュゼンジカンザクラは園内に1本だけですが、樹高は約9m、幹周り約150cmの立派な木に生長しています。中の池側には水のすぐ近くまで枝を伸ばし水鏡に映り、園路側はピンクのトンネルが出来上がってお客様の人気を集めています。
2.JPG
4.JPG
 桜は鳥にも人気ですが、今日のシュゼンジカンザクラは賑やかなヒヨドリのお食事処になっていました。
5.JPG
【写真:レストハウス1階テラス】
 お食事といえば、レストハウスは2階建てになっていて、1階には屋根付きのテラス、2階にはガラス張りの休憩スペースがありシュゼンジカンザクラの特等席になっています。ゆったりとお弁当を食べて頂くのにぴったりですので、どうぞご利用ください。
6.JPG
【写真:レストハウス2階休憩スペース】
 
 シュゼンジカンザクラは、天候にもよりますが今週いっぱい綺麗にご覧いただけそうです。新宿御苑の桜の季節をお楽しみください。
8.JPG 
 
 

2018年3月 6日 12:30

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30