2017フォトコンテスト入賞作品講評会を開催しました

カテゴリ:

 3月21日(水祝)にインフォメーションセンター2階のレクチャールームにて「フォトコンテスト入賞作品講評会と写真撮影セミナー」を開催しました。
 コンテスト審査員を務める写真家の木村正博氏と岡本洋子氏を講師にむかえ、約40名の方にご参加いただきました。
180321a.JPG
 写真を通して新宿御苑の魅力を発見する、新宿御苑フォトコンテスト。全国各地の幅広い世代のみなさまにご参加いただき、平成3年(1991年)のスタートから今年で27回目をむかえます。
 今年も四季折々の庭園風景や花、樹木、生きもの、人と自然のふれあいなど、さまざまなテーマで御苑の魅力をとらえた作品が入賞いたしました。
180321b.JPG
 入賞作品講評会ではコンテスト審査員を務めるプロカメラマンの木村正博氏と岡本洋子氏が、環境大臣賞から子供の部まで41点すべての入賞作品の魅力や入賞のポイントをご紹介しました。
180321c.JPG
 春の桜、夏の緑、秋の菊花壇展と紅葉、冬の雪といった四季折々の自然のほか、野鳥や昆虫など庭園に暮らす生物や、来園者が思い思いに憩いのひと時を過ごす風景など、新宿御苑ならではの魅力をとらえた作品がそろいました。
 参加者のみなさんも、新宿御苑にこれだけの被写体があることをあらためて発見したという方も多くいらっしゃいました。
180321d.JPG
 審査員の先生からは「写真の面白さのひとつが定点記録。同じ被写体であっても季節や時間、天気などにより、同じものにはなりませんが、それは新宿御苑の自然や景観が日々、変化しているからです。カメラの機能やテクニックも重要ですが、まずは出かけるときにカメラを持って行くこと、そして素敵な被写体に出会ったら、カメラを向けてシャッターを切ることが大切です」とのお話しがありました。
180321e.JPG
 続いて後半の撮影セミナーでは、近年大半を占めているデジタルカメラ撮影における、データの保存方法やプリント時の注意点、印刷用紙の種類による表現の違いなど、参加者の質疑応答も交えて、詳しく解説しました。
 
 インフォメーションセンター1階アートギャラリーでは平成30年4月30日(月祝)まで「2017フォトコンテスト入賞作品展示会」を開催しております。ご来園の際には、是非お立ち寄りください。
 
■2017新宿御苑フォトコンテスト入賞作品展■開催中!
 写真を通して新宿御苑の魅力を発見する新宿御苑フォトコンテスト。厳正な審査を経て決定した入賞作品を、インフォメーションセンター1階アートギャラリーにて展示いたします。
 春の園内散策とあわせて、四季折々の御苑の魅力をぜひお楽しみください。
【日時】平成30年3月13日(火)~4月30日(月祝)
    9:00~16:30
【会場】インフォメーションセンター1階
    アートギャラリー(入館無料)

2018年3月22日 09:00

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31