ヒイラギナンテンが咲き始めました 

カテゴリ:

 午前中は曇っていましたが、午後になって太陽が顔をだしました。風もなく穏やかな土曜日、たくさんのお客様が来園され、木や野鳥の観察、ウォーキングなど、思い思いに楽しまれています。
  新宿門から中央休憩所へと向かう途中、三角花壇近くの植え込みでヒイラギナンテンが咲き始めました。
4.JPG
DSCN2986.JPG
 ヒイラギナンテンは、中国や台湾が原産のメギ科の常緑低木で、日本には17世紀に渡来したといわれています。栽培しやすく庭木としてよく使われる植物です。園内のヒイラギナンテンも、クマザサの茂った植え込みの中でこんもりとよく育っています。
2.JPG
 名前は、葉がヒイラギに、実がナンテンの実に似ることに由来するといわれています。葉っぱにとげとげがありチクチクするので、公園などでは進入・立入禁止を目的として植えられることもあるようです。ツヤツヤした葉の間から優しいレモン色のつぼみがたくさん見えています。
3.JPG
 約1cmほどの小さな花ですが、近づくとほんのりと香ります。この花の雄しべは触れるとめしべの方向に動くというおもしろい性質があります。植物の知恵を感じますね。
1.JPG
 天候にもよりますが、例年ですと今月末から来月の上旬にみごろをむかえそうです。
 

2018年2月10日 14:12

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31