ふくしまの味を堪能しよう!イベント特別メニュー

カテゴリ:

 11月11日(土)~12日(日)の2日間、新宿御苑では環境省主催の福島復興応援イベント「福島のくらしと自然を味わい・楽しむPRイベント」が開催されました。
01.JPG
 インフォメーションセンター前やエコハウス横のブースでは、菊人形の福島の特産品などが販売されていましたが、レストランゆりのきでは福島復興支援イベント特別メニュー料理をご提供しました。イベント期間中は、食事のほぼすべてのメニューにおいて福島県産の食材を使用しました。
02.JPG
 日本で初めて西洋野菜を栽培した歴史をもつ新宿御苑のゆかりのある食材を使用することで、「里帰り」と命名した里帰り御膳では、自家製シカ肉のハム、ローストビーフ、鴨のスモークに、江戸東京野菜ったお惣菜、福島県楢葉町の木戸川産のスモークサーモンを盛り合わせました。味噌汁には福島県産の長ネキ、なますの色付けには紅くるり大根を使用しています。
03.JPG
 こちらは、新宿御苑の丸花壇をイメージした「季節のガーデンサラダ丸花壇仕立て自家製スモークサーモン添え」です。10種類もの野菜と木戸川産のスモークサーモンを添えた一品です。華やかな姿は、目でも楽しめます。
04.JPG
 エコハウスには、新宿御苑のレストランの総料理長を務める伊藤シェフが木戸川産のスモークサーモンが出来る工程を紹介したパネルとスモークサーモンが展示されています。
05.JPG
 インフォメーションセンターのカフェはなのきやエコハウス前のブースでは、フレッシュな野菜と木戸川産スモークサーモンを使用した「木戸川産スモークサーモンサラダ」も提供しました。
06.JPG
 今回、サーモン特別メニューをお召し上がりになったお客様に、「ならは米」のプレゼントが行われました。
07.JPG
 ならは米は、緑豊かで水が綺麗な福島県楢葉町で栽培された米です。昔から米作りが盛んでしたが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害の影響で、米作りはストップしてしまいましたが、避難指示が解除され、6年ぶりの2016年に楢葉町の米の栽培が復活しました。想いが実った、ならはのお米。ご来園されたお客様も、イベントスタッフの説明を熱心に聞いておられました。
08.JPG
 本日は天気が良いものの気温が約14℃と低いですが、ご来園されたお客様は秋晴れの下、芝生にレジャーシートを拡げて読書をしたり、紅葉する景色を写生したりと休日をのんびりと過ごされていました。
09.JPG

2017年11月12日 11:23

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30