森本環境事務次官が新宿御苑の福島復興支援イベントを視察されました

カテゴリ:

171111sisatu01.JPG
 本日11月11日、森本環境事務次官が新宿御苑を来園され、11月11日(土)~12日(日)に開催中の福島復興支援イベントを視察されました。
(写真:木戸川産の鮭で作った自家製スモークサーモンサラダを試食)
171111sisatu03.JPG
 皇室ゆかりの「新宿御苑 菊花壇展」もみごろをむかえた園内。天気の良い週末とあって、来園者は1万3千人を超えるにぎわいでした。
 
 まずはインフォメーションセンター前広場にて、福島県二本松市の菊の祭典「菊人形」の展示を鑑賞されました。
171111sisatu03a.JPG
171111sisatu04.JPG
 「会津の香りを楽しむ」コーナーでは、「会津」をテーマに募集したナチュラルフレグランスより、環境大臣賞を受賞した「望郷の香り」など福島のアロマを体験されました。
171111sisatu05.JPG
171111sisatu06.JPG
 「福島を味わう」コーナーでは、日本橋ふくしま館MIDETTEのスタッフより説明を受け、福島産の旬のフルーツや人気のお菓子などの物産品に関心を示されました。
171111sisatu08.JPG
 続いて、新宿門より入園し、サクラやユリノキの紅葉が彩るイギリス風景式庭園の芝生を歩いて、レストランゆりのきへ。
171111sisatu09.JPG
 レストランゆりのき前では、イベント会期中限定で福島メニューを特別にご紹介しています。
171111sisatu09a.JPG
171111sisatu09b.JPG
 まずは福島は会津地方の郷土料理であるこづゆと、猪苗代そばをあわせた「こづゆそば御苑仕立て」を召し上がりました。
 ホタテの貝柱で出汁を取り、椎茸やキクラゲ、人参、里芋などの野菜を加えた「こづゆ」の優しい味わいをいかした特別メニューです。
171111sisatu10.JPG
171111sisatu11a.JPG
 次に「木戸川産 自家製スモークサーモンサラダ」を召し上がりました。
171111sisatu12a.JPG
 食材は、木戸川に遡上した旬の秋鮭を使います。下処理でまず3枚に卸し、漬けこみを行った後、風乾と燻製を繰り返し、うま味を凝縮させます。
171111sisatu12.JPG
171111sisatu14.JPG
 メニューを考案したレストランゆりのきの総料理長・伊藤シェフが食材の解説をしながら、スモークサーモンのカッティングと盛り付けを実演しました。
171111sisatu15.JPG
 福島のみならず日本各地には地域の魅力あふれる特産品も多く、日本の中心地である東京で、定期的に全国の特産品を紹介する催しが開催されると良いですね、とコメントしていらっしゃいました。

2017年11月11日 16:00

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30