懸崖作り花壇

カテゴリ:

 11月1日からスタートした菊花壇展も、会期の半分が過ぎ、残すところ1週間となりました。今年の菊花壇展はお天気に恵まれ、ポカポカと暖かい日差しが降り注ぐなか、たくさんのお客様に菊をご鑑賞いただいています。特に日当たりのいい場所にある「懸崖作り花壇」は日に日に咲き進み、みごろをむかえました。
1.JPG
 菊花壇展は回遊式の日本庭園内に上家といわれる建物を設け、特色あふれる菊を独自の様式を基調に飾りつけた花壇です。会場の日本庭園には、中央休憩所横の中央入り口からお入り頂き順路に沿ってご覧いただくと、最も美しく鑑賞できるようにデザインされています。
 旧御凉亭近くの「第一露地花壇」を過ぎ、次に見えてくる上家が「懸崖作り花壇」です。
2.JPG
 「懸崖作り花壇」は、野菊が断崖の岩間から垂れ下がって咲いている姿を模して、1本の小菊を大きな株に仕立てる技法です。小菊のなかでも特に分枝性の旺盛なものを選び、1年かけて植替えや支柱立てを繰り返し、伸長した枝を舟形に結び、摘心によって仕立てていきます。
3.JPG
 古木の台座には、大小24個の鉢が配色よく並びます。新宿御苑の菊花壇展の配色は「黄」「白」「紅」を基調としますが、「懸崖作り花壇」では同じ色がとなり合わせに重ならないように並べます。
4.JPG
 足元には枯れた松葉が敷き詰められ、石組みなども工夫をこらした野趣あふれる花壇になっています。手前には水の流れを配し、水の反射が上家の中を照らしています。独特の味わいと流れるような姿の美しさは菊花壇展の中で異彩を放っています。昨年の菊花壇解説展の人気投票では、「大作り花壇」に次いで2位になりました。
5.JPG
 穏やかな秋の一日、皇室ゆかりの菊をお楽しみください。
6.JPG
「新宿御苑菊花壇展」
 日時:平成29年11月1日(水)~11月15日(水)(期間中は無休)
    9:00~16:00(閉門は16:30)
 会場:新宿御苑内日本庭園
 料金:新宿御苑への入園料(大人200円、小・中学生50円)
 内容:皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。
 
「菊花壇解説展」
 日時:平成29年10月31日(火)~11月19日(日)(期間中は無休)
    9:00~16:30(最終日は15:00まで)
 会場:新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリー
 料金:無料
 内容:新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。
 
 

2017年11月 7日 13:26

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30