サルビア・レウカンサが咲きはじめました

カテゴリ:

 今日は朝からからっと晴れ、気持ちの良い散歩日和の一日となりました。先日みごろをお知らせした丸花壇近くのツワブキのそばでは、サルビア・レウカンサが咲きはじめました。

171026s05.JPG

171026s01.JPG
 サルビア・レウカンサは宝石のアメジストのような色が目立ち、「アメジストセージ」という別名もありますが、この紫色の部分は「がく」で、そこから細長く出ている白い部分が本当の花です。この白い部分からレウカンサ(白い花)という名前が付けられています。
171026s07.JPG
 近づいてみると花やがくがビロードのように毛羽立っているのを見ることができます。ここから「ベルベットセージ」とも呼ばれています。
171026s08.JPG
 短日植物というグループに属していて、日長が短くなると花を付けます。そのため原産地とは咲く時期が異なり、日本では秋から咲きはじめ冬の寒さが来るまで咲き続けます。花の多くないこの時期に良く目立っていますので、ぜひご覧ください。

2017年10月26日 10:56

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31