チャノキが咲きはじめました

カテゴリ:

 昨日までの寒さから一転、今日は朝からぐんぐんと気温が上昇し、ポカポカとあたたかな一日となりました。秋の深まりを見せる園内、新宿門近くや三角花壇近くではチャノキが咲きはじめました。

171008s03.JPG

171008s02.JPG
 チャノキは中国西南部原産で、日本には奈良時代に中国から持ち込まれました。渡来当初は薬用として利用されていましたが、鎌倉時代のはじめに僧侶の栄西が中国から種子を持ち帰ってから、お茶の栽培と飲む習慣が広がりはじめたようです。
171008s12.JPG
 一般的に日本で飲用に栽培されているものは、丸く刈り込まれていますが、園内の木は自然な状態で生えています。近づいて見ると、自由に伸びた枝たちの間に小さな白い花がいくつかうつむくように咲いています。
171008s10.JPG
 現在は花と一緒に実もご覧いただけます。こちらは熟しはじめで、乾燥していくと表面がはじけ、中から3個ほど種が出てきます。
171008s13.JPG
 まだ咲きはじめで、つぼみが目立ちますが例年ですと、10月下旬ごろにみごろをむかえます。ほのかな甘い香りのチャノキの花の匂いをかぎながら、可愛らしい花を愛でてみてはいかがでしょうか?

2017年10月 8日 16:00

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31