シリブカガシの花が咲いています

カテゴリ:

 今日は開園時間中、傘が手放せないお天気のようです。
1.JPG
 新宿門の近くでシリブカガシの花が見ごろをむかえています。木全体に咲いて、近くに行くと独特の強い香りが漂っています。
 

2.JPG

 その香りに誘われて、たくさんの虫が集まって忙しそうに花から花へと飛んでいます。ハチの仲間もたくさん飛んでいますので、刺激しないように気をつけて花をご覧ください。
3.JPG
 シリブカガシは、ブナ科マテバシイ属の常緑高木です。ドングリの底(お椀状の殻斗を被っていた部分)が凹んでいることが名前の由来です。「なるほど、面白い名前だと思っていたけど、そういうことなのね。」とお客様が感心していらっしゃいました。
0.JPG
 この長い花からドングリが出来るなんて不思議ですよね。シリブカガシは雌雄同株なので1本の木が雌花と雄花を咲かせます。数本のピンクがかった穂のように見えるものが雄花序です。その中にある茎のように見える部分が雌花序。雌花序にプチプチと飛び出した部分が雌花で、ドングリへと変化していきます。
5のコピー.jpg
 花と一緒に、青々としたドングリも見ごろをむかえています。このドングリは昨年の花が実ったものです。一年かけてじっくりと結実していきます。
6.JPG
 横に植栽されている真っ赤なウメモドキの実との「秋の競演」もお楽しみください。
 

2017年9月12日 14:13

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30