カンレンボクの実がみごろです

カテゴリ:

 朝は曇り空でしたが、昼前から雨に変わり涼しい一日となりました。徐々に秋の色合いが濃くなってきている園内、西休憩所近くではカンレンボクの実がみごろをむかえています。

170907m96.JPG

170907m68.JPG
 カンレンボクはもともと中国の山地や渓谷にだけ自生し、大正時代に渡来したといわれています。樹高は最大30メートルにもなる落葉高木です。
170907m73.JPG
 夏に白い毬状の花を咲かせ、チョウたちに大人気だったカンレンボクですが、現在はトゲトゲしたユニークな形の実を枝先にたくさんつけています。
170907m87.JPG
 実は小さなバナナが集まったような形で、少し弾力があり、大人の手のひらにのる位の大きさです。今は黄緑のさわやかな色合いですが、これからだんだんと黄色へと熟していきます。
170907m57.JPG
 近くにはガマズミの実も真っ赤に熟していますし、他にも様々な木の実が熟してきていますので、併せてお楽しみください。

2017年9月 7日 11:43

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30