平成29年度 多数傷病者対応訓練に参加しました

カテゴリ:

 新宿駅周辺防災対策協議会および新宿区が主催する、平成29年度 新宿駅西口地域地震防災訓練「多数傷病者対応訓練」が9月7日(木)に開催され、私たち国民公園協会職員も参加しました。
170909a.JPG
 新宿駅周辺地域は人口、商業業務機能が集中することから、首都直下地震発生時に大きな被害と混乱が起こると予想されています。
 災害を止めることはできませんが、市民一人ひとりが自衛消防活動を行い、被害を小さくする「減災」はできます。災害発生時における混乱防止と被害軽減のため、定期的な防災訓練を通して、地域や防災関係機関の連携強化と、自助・共助を基本とする地域防災力の向上を目的としています。
 
 新宿御苑は新宿区の広域避難場所に指定されています。災害時にはお客様が負傷する場合や、負傷者された方が避難して来ることが想定されるため、迅速に応急救護対応を行えるよう、定期的な災害負傷者対応訓練に取り組むなど、新宿区の地域防災力の向上に協力しております。
 
 本日は、7月14日、8月4日、8月17日に続いて今年度4回目の訓練となります。より実践的な訓練となるよう、これまでの訓練で学んだ応急救護技能を実践する実働訓練を行いました。
170909b.JPG
 はじめに本日の訓練説明と役割分担が行われました。
 今回は首都直下型地震によって多数の負傷者が発生した中で、非医療従事者が集まり、臨時の救護所を設置したという状況を想定します。救護所の立ち上げから傷病者の受入れ、救護活動と情報管理を行い、医療従事者の到着後は傷病者の引継ぎや救護活動支援を行います。
170909c.JPG
 参加者のうち非医療従事者は、救護班と傷病者の2チームに分かれ、前半と後半で役割を交代します。救護班は統括リーダー、情報連絡班リーダーと班員、応急救護班リーダーと班員と、それぞれの役割に応じて、救護活動を行います。
 また、医師や看護師、保健師の方は医療従事者として訓練に参加します。
170909da.JPG
 役割ごとに準備を行い、いよいよ訓練が始まりました。
 まず、救護所に参集した非医療従事者による安全確認、組織編制、装備や資機材の確認が行われます。
(写真:資機材の確認)
170909db.JPG
 簡易ベッドの設置の際は、間隔を広く取り、負傷者を車椅子や担架で搬送できるよう動線を考えて配置します。また、簡易ベッドはあらかじめ毛布を設置しておくと保温や移動を行う際にスムーズです。
170909dc.JPG
(写真:簡易ベッドに毛布を設置)
170909f.JPG
(写真:衣類に張り付けたテープはメモ代わりに使えます)
170909i.JPG
 救護所が整うと、傷病者の受入れを開始しました。
 まずは情報連絡班が受付を行います。傷病者観察記録シートに沿って、傷病者のプロフィールや負傷状況、歩行や呼吸、意識の有無等を確認し、分かる範囲で記入します。
170909j.JPG
 続いて、応急救護班が傷病者の応急手当を行います。2人1組のバディを組み、傷病者を観察し、擦り傷や切り傷、火傷、打撲、骨折など、傷病状況に応じて、止血や固定、保温を行います。
170909ja.JPG
 時間経過により傷病者の容体は変化します。回復した傷病者からは帰宅希望や救護活動支援の申し出があるため、要望に応じた対応を行います。また、傷病者がより重篤な状態になることが考えられるため、応急処置後も、こまめなや声掛けや、15分間隔で傷病者のバイタルチェックを行い、観察記録を続けます。
(写真:傷病者情報一覧)
170909a.JPG
 医療従事者が到着すると、統括リーダーを通じて、医師に傷病者の情報が伝えられます。医師は傷病者全員を診療し、速やかな搬送が必要と判断された傷病者は、病院まで搬送を行います。今回の訓練では、受け入れ先の医療施設への搬送や引継ぎにかかる時間を考慮し、搬送を行った人員は救護所に戻ることができません。
170909k.JPG
 救護活動を行う人員が不足する状況で、だんだんと増える負傷者にどう対応するか。今回の訓練ではこうした課題も確認しました。
170909m.JPG
 参加者からは「普段からいろいろ訓練していたが、いざ本番では頭が真っ白になってしまった」、「忘れてしまったこともあり、訓練を続けることが大切だと思った」といった感想が寄せられました。
170909n.JPG
 首都直下型地震等の広域地震災害において多数の傷病者が発生した場合、医療従事者や救急車といった「公助」が不足し、たくさんの命が失われるおそれがあります。一人でも多くの命を救うためには、市民が災害医療を理解し、「自助・共助」によってお互いに助け合える「市民の力」となることが大切です。
 最後に、今後も1人でも多くの方が訓練に参加して知識や技術を磨いてください、とまとめのお話がありました。
 
 新宿御苑では、今後も訓練を通じて職員の防災応急技能向上を図るとともに、新宿区の地域防災力の向上に協力して参ります。

2017年9月 9日 11:00

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30