マルバチシャノキの実がみごろです

カテゴリ:

 今日は朝から園内を涼やかな風が吹き抜け、厳しかった夏がようやく過ぎ去ったようです。季節が徐々に移り行く園内、サービスセンターの近くではマルバチシャノキの実がみごろをむかえています。

170827s04.JPG

170827s06.JPG
 マルバチシャノキは日本から中国、台湾の海岸に近い山地の林緑などで生育している落葉小高木です。葉が丸く、若葉の味がチシャ(レタス)に似ていることが名前の由来です。
170827s05.JPG
 木いっぱいに直径2センチほどの果実をたわわに実らせており、遠くからでも目立っています。果実を近くで観察すると、まるで玉ねぎを模したような形をしています。
170827s03.JPG
 例年ですと10月上旬ごろまでお楽しみ頂けます。他にもいろいろな果実が熟しはじめた園内を散策しながら、小さな秋を見つけてみませんか?

2017年8月27日 09:24

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31