日本庭園でハギが咲きはじめました

カテゴリ:

8月7日の昨日は立秋。暦の上では秋となりましたが、台風5号の影響で太陽の日差しがさんさんと輝き、もこもことやわらかそうな羊雲が青空を泳ぎます。気温もぐんぐんと上がり、お昼過ぎには30℃を越えて真夏日となり、園内各所では、セミたちの大合唱が響き渡っています。
5.jpg
2.jpg
 日本庭園・上の池近くでは、ハギが咲きはじめました。
 
「蝶形の小花が日本庭園にはお似合いですね。」とお客様。
可愛らしい白のハギを熱心に撮影していらっしゃいました。
4.jpg
 ハギはマメ科の落葉低木で、古い時代に中国から日本へ渡ってきたといわれています。英名では、「ブッシュ(低木)とクローバーのような3小葉であることから「ブッシュクローバー」と呼ばれています。
1.jpg
 歌集「万葉集」でも詠まれていますが、絵巻や屏風絵にも描かれていることが多く、蒔絵や衣装の絵柄としても取り上げられ、古くから日本の生活に寄り添っているお花です。上の池に架けられた太鼓橋の近くでは、白色の花も咲いています。
3.jpg
 ハギは例年ですと9月中旬ごろまで、長くお楽しみ頂けます。
 少し早く訪れた秋の花を愛でながらの散策はいかがでしょうか?

2017年8月 8日 13:12

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31