生きものを呼び込む試み ジャコウアゲハ

カテゴリ:

 今日は朝から曇り空ですが、気温・湿度ともに高く夏らしい一日となりました。園内ではたくさんのチョウやトンボなどが飛び交っていますが、母と子の森の一角ではそんな生きものたちを呼び込む試みが行われています。

170728s03.JPG

(写真:ジャコウアゲハ♀)

170729s05.JPG
 母と子の森に2つある池の内、日本庭園に近い池の近くには格子状に作られた竹垣が設置されています。お客様からも「あれは何ですか?」というご質問を受けますが、これはウマノスズクサという植物を育てるために設置した竹垣です。
170717s12.JPG
(写真:ウマノスズクサに産み付けられたジャコウアゲハの卵)
 
 「なぜウマノスズクサを育てているの?」という疑問が生まれるかもしれませんが、これはジャコウアゲハというチョウを園内に呼び込むための試みとして行われています。ジャコウアゲハはウマノスズクサを食草(幼虫の時のごはん)としているため、メスが卵を産むためにウマノスズクサの周りに飛んできます。
170717s10.JPG
(写真:ジャコウアゲハの幼虫)
 
 この他にも母と子の森では、生きものたちにたくさん来てもらえるように、いろいろな試みを行っています。園内で生き物を観察したいときは、ぜひ母と子の森にお立ち寄りください。
 
※新宿御苑では動植物の採取を禁止しています。観察したらもとの場所に戻してくださいね。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

2017年8月 6日 10:59

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31