クヌギ林に暮らす昆虫を観察してみよう

カテゴリ:

 今日は朝は少し雨が降っていましたが、開園前には晴れぐんぐんと気温が35℃近くまで上昇し、真夏のような暑さとなりました。木陰は涼やかな園内、母と子の森のクヌギ林では現在たくさんの昆虫たちを観察することが出来ます。
170717s04.JPG
170717s03.JPG
 クヌギは樹液が出るため、樹液をエサにするいろいろな昆虫たちが集まってきます。今日はカナブンたちがそろって食事に来ており、まるでレストランのようです。
170717s06.JPG
 樹皮がごつごつしているのが特徴で、隙間に昆虫が隠れていることがあります。ちょっと覗いてみるとシロテンハナムグリが顔を突っ込んで樹液を食べていました。
170717s09.JPG
 夏はセミの季節ですが、園内は現在ニイニイゼミが大合唱中です。クヌギの木には合唱に加わる前の幼虫の姿を見つけることが出来ました。
170717s18.JPG
 少し離れたシラカシにはノコギリクワガタが歩いていました。園内にはクヌギ以外にも樹液を出す樹木が色々ありますので、観察してみてはいかがでしょうか?
 
※新宿御苑では動植物の採取を禁止しています。観察したらもとの場所に戻してくださいね。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

2017年7月17日 11:40

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30