ハナゾノツクバネウツギがみごろです

カテゴリ:

 昨日は台風3号の影響で夕方から降り出した雨も、夜間には関東地方を足早に通り過ぎ、本日は台風一過とばかりに太陽の日差しがさんさんと輝く青空が広がっています。気温もぐんぐんと30℃近くまで上がりましたが時折涼しい風も通り抜けて、ご来園されたお客様は日傘や帽子などで暑さ対策をされて、都会のオアシス新宿御苑で散策をお楽しみ頂いています。8.jpg

5.jpg

 大木戸門を入って左手の植え込みでは、ハナゾノツクバネウツギがみごろをむかえました。

 遠目からでも分かるほど小さな白い花が木いっぱいに咲いています。近付いて見ると、ひとつひとつの花は鐘形状で、まるで絵本で天使の吹くラッパのような可愛らしい形をしています。甘い香りに誘われて虫たちもやってきました。

7.jpg

 多くの園芸品種があり、園芸店などでは『アベリア』という名前で親しまれています。主に公園や生垣、街路樹などに多く用いられています。

10.jpg

 アジア原産の落葉低木のタイワンツクバネウツギの園芸品種で、がく片がお正月の羽根つきの羽根(衝羽根・ツクバネ)に似ていることと木の形がユキノシタ科のウツギに似ていることが名前の由来です。

9.jpg

 大木戸門近くの他に、レストハウス近くでもみごろをむかえています。例年ですと、9月下旬まで長く花を楽しむことができます。

2017年7月 5日 13:06

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30