ムクゲがみごろになりました

カテゴリ:

 今日は雨が降ったりやんだりの梅雨らしい空模様。園内の空気はひんやりとしています。
 千駄ヶ谷休憩所横と下の池近くでは、ムクゲがみごろをむかえています。
1.JPG
 6月22日に開花をお知らせした時には、日当たりのいい上の方で咲いていましたが、今日は目の高さでも咲いていて、近くで花をお楽しみいただけるようになりました。
2.JPG
 ムクゲは中国原産アオイ科の落葉低木で、古くに日本や朝鮮半島へ渡来し、日本では平安時代ごろから栽培されていたといわれています。花色の種類が豊富で庭木に人気です。千駄ヶ谷休憩所横のムクゲは薄ピンクですが、つぼみは薄紫色で、ドレスのような優雅な姿です。
3.JPG
 ムクゲは、朝咲いて夕方には散る一日花です。つぼみをたくさんつけて次々に咲き続けるので、韓国では、「長く咲き続ける花」という意味の無窮花(ムグンファ)という名で呼ばれ、国の繁栄を象徴する国花として愛されています。
 
0.JPG
 足元に、毎日落ちる花も雨粒をまとって、まだまだ魅力的です。
4.JPG
 下の池近くのムクゲは、愛らしいピンク。園路に向かって「こっちで、綺麗に咲いているよ。」と言っているように揺れています。 
5.JPG
 天候にもよりますが、例年ですと7月いっぱい綺麗にご覧頂けそうです。夏の花「ムクゲ」をお楽しみください。 
6.JPG
 
 

2017年7月 1日 13:30

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30