夏の花「ムクゲ」が咲き始めました

カテゴリ:

 昨日の嵐のような雨から一転、今日はさわやかなお天気になりました。薄い雲間から優しい光が射し、時折吹く風が木々を揺らしています。
 千駄ヶ谷休憩所横では、ムクゲが咲き始めました。
1.JPG
2.JPG
 日当たりのいい高い枝から咲き始めて、夏の到来が近いことを知らせているかのようです。
3.JPG 
 ムクゲは中国原産アオイ科の落葉低木で、古くに日本や朝鮮半島へ渡来し、日本では平安時代ごろから栽培されていたといわれています。花色は白、ピンク、薄ピンク、薄紫、赤など種類が多く、八重咲きの園芸品種もあり、庭木や生垣によく植えられています。
4.JPG  
 ムクゲは、朝咲いて夕方には散る一日花です。つぼみをたくさんつけて次々に咲き続けるので、韓国では、「長く咲き続ける花」という意味の無窮花(ムグンファ)という名で呼ばれ、国の繁栄を象徴する国花として愛されています。花言葉は「新しい美」。次々と新しい花を咲かせることにちなんで付けられています。
5 (2).JPG
 千駄ヶ谷休憩所横の他には、下の池近くにも何色か植栽がありますが、こちらは少し遅れているようです。 
6.JPG
 夏の庭を彩るムクゲの花をお楽しみください。  
7.JPG
 

2017年6月22日 13:19

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31