お化粧する植物、ハンゲショウ

カテゴリ:

 本日21日は「夏至」。一年でもっとも昼が長い(=太陽が長く出ている)日ですが、朝からパラパラと降っていた雨も昼間にかけて雨脚を強くしています。昨日は気温がぐんぐん上がり夏日となりましたが今日は一転、空気がひんやりと冷たく肌寒い一日となっています。ご来園されたお客様の服装も長そでや上着を着られるなど、暖かな格好で雨の御苑を散策されていらっしゃいます。
01.JPG
02.JPG
 母と子の森では、ハンゲショウが咲きはじめました。
 純白の葉が目立ちますが、近付いて観察すると白猫のしっぽのようにフサフサとした部分がありますが、それが花です。花びらは無く、小さな雌しべと雄しべがたくさん集まって咲いています。
03.JPG
「何で一部の葉だけ白色をしているんですか?」とお客様より、ご質問を頂きました。
 葉が白くなるのは花近くの葉で、目立たない花の代わりに虫を呼び寄せる役割をしています。花が終わると役目を終えたように、緑色に戻ります。
04.JPG
 お化粧したハンゲショウをお楽しみください。
05.JPG
 
 本日6月21日から7月7日までの間、環境省の主唱により「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」が行われます。このキャンペーンは地球温暖化防止を目的に、ライトアップ施設や家庭の照明の消灯を行います。
 とくに6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)は特別実施日となっており、夜8時から10時までの2時間、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼びかけています。

2017年6月21日 12:25

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31