初夏の花 ヤエクチナシの香り

カテゴリ:

 今日は朝から気温が30℃近くまでぐんぐん上昇し、真夏のような一日となりました。一年の中でも木々の緑の美しさが増す初夏の新宿御苑、千駄ヶ谷休憩や中の池やにはヤエクチナシの甘い香りが立ち込めています。

170620k20.JPG

170620k05.JPG
   クチナシという名前は、秋に実る果実が熟しても口が開かない事が由来とされ、ヤエクチナシは、諸説ありますが、19世紀にはヨーロッパに伝えられ、青年が恋人に最初に贈る花とだったといいます。花言葉は「幸せな日々」「喜びを運ぶ」~結婚式のブーケやコサージュとしても使われています。
170620k23.JPG
 日本庭園にはクチナシが植栽されており、光沢のある深緑色の葉の上に、純白の花を咲かせています。周りの緑との対比で純白の花びらが一層際立っているようです。
170620k09.JPG
 かすかに花の香りに包まれる、香りのいい雨を「香雨(こうう)」とよび、ちょうどこの雨の時期には木々や花々の香りが強く感じられます。 本格的な梅雨の季節を迎えるころつぼみを開きはじめるクチナシの香りを楽しみながらの園内散策はいかがでしょうか?

2017年6月20日 13:10

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31