優しいピンク セイヨウシャクナゲ

カテゴリ:

 ここしばらく、気温の高い日が続いていましたが、今日は朝から雲が多く、半袖ですと少し肌寒いくらいの気温になりました。
 日本庭園と母と子の森の境界林に優しいピンク色のセイヨウシャクナゲがみごろをむかえています。
2.JPG
3.JPG
 ウグイスの声が響き、おもわず深呼吸したくなるほどの緑に包まれる園路にポッとピンク色に染まる木が現れ、目を惹きます。「わー!綺麗ね!」とお客様さまの声が響きました。
4.JPG
 セイヨウシャクナゲは明治30年代に海外から導入した園芸品種で、新宿御苑でも当時から栽培されていたそうです。御苑の記録では、ここをシャクナゲ道にするため、昭和27年(1952)に西洋シャクナゲを約150本植栽したとされています。
5.JPG
 園芸品種であるセイヨウシャクナゲのルーツになったのが、アジア原産のシャクナゲです。日本をはじめアジア広域に広く分布しますが、なかでもヒマラヤに多く自生し、ネパールではネパール語名ラリ・グラスの名で国花にもなっています。
6.JPG
 つぼみの濃いピンク色が可愛らしいアクセントになっていてます。静かな園路を彩る初夏の花をお楽しみください。      
IMG_0430.JPG

2017年5月 9日 14:25

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30