藤の花に思いを寄せて

カテゴリ:

「我が宿の
   時じき藤の めづらしく
      今も見てしか 妹が笑まひを」
                     大伴家持『万葉集』
 
(私の家に季節外れの藤が咲きました。めずらしいその花のような、あなたの笑顔をいま見たいものですね)
170501a.JPG
 日本庭園でフジ(藤)の花がみごろをむかえました。そよ風に揺れるうす紫色の花房が、いまが盛りと水辺を彩ります。
170501c.JPG
 フジは本州から九州の山野に自生する、つる性のマメ科植物。公園や庭にもよく植えられていて、つるになる性質をいかして棚づくりに仕立てられます。
 新宿御苑には日本庭園内に2か所の藤棚がありますが、今年はこちらの上の池寄りの藤棚が花つきが良くおすすめです。
170501b.JPG
「かくしてそ
   人は死ぬといふ 藤波の
       ただ一目のみ 見し人ゆゑに」
 
(こうして人は死ぬというのですね。藤波のように忘れがたい、ただ一度だけ見たあの人に恋して)
170501d.JPG
 フジは古い時代から人々に愛でられた花のひとつで、日本最古の和歌集である『万葉集』にもフジの花がいくつも登場します。
 恋心や募る思いを詠んだ歌が多く、花言葉も「恋に酔う」「決して離れない」など、繊細な印象の花ながら、どこか情熱的な一面も感じられます。
170501e.JPG
 人気の旧御凉亭前の藤棚は、今年は花数が少なめといった様子。
 まだまだつぼも多いものの、こちらもゴールデンウイーク中に咲きすすみ、みごろをむかえそうです。
170501f.JPG
 春の桜シーズンも終わり、園内はさわやかな新緑の季節をむかえました。
 初夏の新宿御苑で憩いのひと時をお過ごしください。
170501g.JPG
(写真:イギリス風景式庭園のユリノキも咲きはじめました!)
170501h.JPG

2017年5月 1日 14:00

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30