個性豊かな御苑の春の主役たち♪八重桜が咲きすすんでいます

カテゴリ:

 今日は太陽が顔をのぞかせ、春らしい白くかすんだ青空が広がりました。
 昨日は冬が戻ってきたかのような、ひんやりと冷たい雨のそぼ降る一日でしたが、今日は一転して気温が19℃まで上がりました。
 お出かけにピッタリの陽気とあって、お客さまのなかには半袖の装いの方もいらっしゃいました。
170412a.JPG
(写真:イギリス風景式庭園の長州緋桜)
 
 イギリス風景式庭園や中の池など、園内各所の桜みどころスポットでは、たくさんのお客様が散策や記念写真を楽しんでいらっしゃいます。
170412b.JPG
(写真:イギリス風景式庭園)
170412d.JPG
(写真:日本庭園)
170412c.JPG
(写真:中の池)
 
170412e.JPG
 先日みごろをお知らせした染井吉野は、昨日の雨と今日の風で花びらが風に舞い散りはじめました。
(写真:イギリス風景式庭園)
170412f.JPG
 木の足もとに桜の花びらが広がります。
170412g.JPG
 
 園内のほぼ中央に位置する中の池は、池のまわりを囲むように染井吉野を植栽しています。
170412h.JPG
 木も大きく、のびやかな枝は水面に届きそうなほど。
 本格的に花びらが舞い落ちると、美しい花筏が水辺の景色を彩ります。
(写真:中の池)
170412i.JPG
 「まだ染井吉野が咲いていて今日は最高ですね」とお客さま。
 みごろをお知らせから1週間以上がたち、日を追うごとにだんだんと散り桜になりつつあるものの、気温が下がった花冷えの影響もあってか、思いのほか花もちは良かったようです。
 今週末いっぱいは染井吉野の花吹雪もたっぷりと楽しめそうですね。
(写真:イギリス風景式庭園)
170412j.JPG
 染井吉野からバトンタッチとばかりに咲いているのが個性豊かな八重桜たち。
 先日ご紹介した白妙(シロタエ)八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)など、早咲きの八重桜がみごろをむかえています。
(写真:日本庭園のお茶室・楽羽亭横の八重紅枝垂)
170412k.JPG
(写真:八重紅枝垂)
170412l.JPG
 イギリス風景式庭園では人気の高い長州緋桜(チョウシュウヒザクラ)(写真右)もみごろをむかえました。
 丸く整った樹形と、染井吉野よりも濃いピンクの花色が特徴です。
170412m.JPG
 花の香りもひときわ強い桜で、木のそばに寄ると甘くただよう香りも楽しめます。
(写真:長州緋桜)
170412n.JPG
 続いて、イギリス風景式庭園など各所で、御苑の桜の代表品種・八重桜の一葉(イチヨウ)や黄色の桜の鬱黄(ウコン)が咲きはじめています。
(写真:イギリス風景式庭園の一葉)
170412o.JPG
(写真:一葉)
170412p.JPG
 緑の桜でおなじみ御衣黄(ギョイコウ)もわずか数輪ですが、ぽつぽつと開花しはじめました。
 しばらくあたたかい日が続くようなので、15日(土)頃より一葉や鬱黄、御衣黄の競演が楽しめそうです。
(写真:御衣黄)
 
 桜といえば染井吉野が一般的ですが、新宿御苑では八重桜が咲く4月中~下旬が桜のベストシーズン。
 これからバトンをつなぐように、特色あふれる桜たちが順番に花を開いてゆきます。
170412q.JPG
 園内の売店では御苑の桜を楽しむ春限定のさくらスイーツやお菓子、お土産グッズなどをご紹介しています。
 ピクニックのデザートや、ご家族、お友達へのお土産にぜひご利用ください。
(写真:中央休憩所売店)
170412r.JPG
(写真左から:桜どら焼き、抹茶カステラ、桜クーヘン)
170412s.JPG
(写真左から:桜ジャム、桜こんぺいとう、桜あんぱん、桜乃葉おこし)
170412t.JPG
(写真左から:和柄てぬぐい、ことの葉ハガキ、ことの葉 一筆箋、桜ハンカチ、和柄ハンカチ、桜ウォッチング日本語版・英語版)
 
 個性豊かな八重桜が咲き誇る新宿御苑で、のんびりとお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017年4月12日 12:00

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31