ハクモクレンが見ごろです

カテゴリ:

 朝から冷たい雨が降ったりやんだりしています。少し乾燥しいていた園内がしっとりとした空気に変わり、植物は雨粒をまとってイキイキとしています。
 毎年、この時期にお問合せを多く頂いている人気のハクモクレンが一部で見ごろをむかえています。
1.JPG
 新宿門から園内にお入り頂くと、木全体が真っ白に染まった2本のハクモクレンが視界に飛び込んできます。広々とした芝生の中で凛とした姿が美しく、人気の撮影スポットになっています。手が届きそうな下の枝まで綺麗に咲いていて、今がちょうど見ごろです。
2.JPG
3.JPG
 日本庭園の水路近くに植栽されているハクモクレンも見ごろです。高いところですが、たくさんの花をつけています。
4 (2).JPG
 そして、お茶室・楽羽亭近くには江戸時代に植えられたといわれるハクモクレンの古木があります。新宿御苑の名木10選に選ばれ、樹高は約15メートル、幹まわりは2メートル30センチを超える都内随一の巨樹です。枝ぶりがよく、気持ちよく遠くまで伸ばした枝の先で花が咲いていますが、下の方の枝のつぼみは膨らみ始めたばかりでモコモコの冬芽のコートを脱いでいる最中。天候にもよりますが、こちらの見ごろは今週末頃になりそうです。
5.JPG
 春の訪れを感じさせてくれるハクモクレン。気高い純白の花をお楽しみください。 
6.JPG

2017年3月14日 13:16

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31