皇室ゆかりの伝統を受け継ぐ「新宿御苑 菊花壇」の歴史

カテゴリ:

161105a.JPG
 毎年11月1日から15日まで日本庭園を会場に開催し、会期中は特別開園期間として毎日休まず開園します。
161105aa.JPG
 新宿御苑の菊花壇は、回遊式の日本庭園内に上家(うわや)といわれる建物を設け、特色あふれる菊の花々を独自の様式を基調に飾り付けた花壇です。
 それぞれの花壇は、順路に沿ってご覧いただくと、もっとも美しく鑑賞できるようにデザインされています。
(写真:江戸菊花壇)
161105c.JPG
 会場となる日本庭園のほか、新宿御苑の各入園門である新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門やレストラン前にも、大作りや懸崖作りを展示し、艶やかな雰囲気を演出しています。
(写真:新宿門)
161105ca.JPG
 また、今年は日本庭園の中央入口(中央休憩所横)に、フランスのヴェルサイユ造園学校の学生が仕立てを行った大作りを展示しています。この取り組みは新宿御苑とフランス・ヴェルサイユとの交流事業の一環で、今年の夏にヴェルサイユ国立高等造園学校生をむかえ、新宿御苑で技術講習を行ったものです。
161105cb.JPG
 秋の恒例行事となっている「菊花壇展」ですが、そのはじまりは今から約140年前の明治11年(1878)に催された皇室行事「菊花拝観」がルーツとなります。
 菊が皇室の紋章と定められたのは明治元年(1868)のことで、このときから皇室と菊花が直接的な関係を持つようになります。
 宮内省は皇室を中心として菊を鑑賞するため、明治11年に赤坂御所ではじめて「菊花拝観」を開催しました。
 明治13年からは「観菊会」と名称が変更になりましたが、以後昭和11年(1936)まで、戦争や震災、大喪などの年を除き、毎年開催されました。 
161105d.jpg
(写真:観菊会)
 
 明治11年から観菊会展示用の菊の栽培は、赤坂仮皇居内の丸山仕立て場(現在の大宮御所の一廓)で行われていましたが、明治37年より丸山仕立て場の補助仕立て場として、新宿御苑でも菊の栽培がはじまりました。 
 当時、新宿御苑は皇室庭園として大改造の行われつつあった頃で、翌々年の明治39年(1906)に現在の大庭園が完成します。
161105e.jpg
 皇居内の御殿の造営にともない、大正10年(1921)頃から栽培用の各施設はすべて御苑に移設され、大正14年 (1925)には赤坂に秩父宮御殿を造営するために、赤坂丸山の菊栽培場をすべて新宿御苑に移しました。
 その後の昭和4年(1929)からは、会場も新宿御苑に移し、観菊会が開催されました。
(写真:昭和4年の菊栽培所)
161105g.jpg
(写真:昭和9年の大作り)
 
 この大正から昭和にかけての時代は、明治以降に築き上げられた宮内省独自の栽培技術の伝承や、品種の伝統的保存と改良が進められました。
 また、全国各地から優良品種が収集され、多くの新品種が作出されました。
 この頃は、観菊会の展示の規模、技術、デザインなどがもっとも充実した時期で、この頃より新宿御苑がパレスガーデンとして広く海外に知られるようになりました。
161105f.jpg
(写真:昭和9年)
 
 昭和12年(1937)から23年までは、戦争の影響で観菊会は中止となり、菊栽培所は開墾され農耕地となりましたが、残されたわずかな田畑で品種の保存が行われました。
161105h.JPG
 その後、昭和24年(1949)5月21日に、新宿御苑は「国民公園新宿御苑」として新しくスタートしました。
 翌年の昭和25年11月には、13年ぶりに菊花壇を日本庭園内に展示し、宮内省時代から受け継いだ伝統の菊花壇展をはじめて一般に公開しました。
 公開当初は、戦時中に残されたわずかな菊を用いての展示だったため、戦前の豪華な花壇とは比べようもありませんが、はじめて一般に開放された皇室の庭と菊花壇に、国民の強い関心がよせられ、多くの人々が新宿御苑を訪れたそうです。
(写真:大菊花壇)
161105b.JPG
 その後、次第に菊花壇が増設され、菊の品種の増加とともに展示内容も充実してゆきました。
 現在も新宿御苑の菊花壇は、明治11年の丸山仕立場時代からの長い変わらざる伝統を継承し、菊の栽培はもとより、上屋や独自の植え込み技法など、ほかでは見ることのできない皇室ゆかりの格式ある様式を今日に伝えています。
 
 長い歴史の変還のなかで、たゆまぬ人々の努力によって受け継がれた伝統の菊花壇。
 会期中はインフォメーションセンター1階アートギャラリーおよびエコハウスにて、歴史や魅力をご紹介する特設解説展示も同時開催しています。
161105j.JPG
(写真:インフォメーションセンター1階アートギャラリー「菊花壇解説展」)
161105k.JPG
(写真:エコハウス「新宿御苑開園110周年記念企画「文献からひもとく菊の花の魅力」)
161105l.JPG
 解説展示の一角にある歴史資料コーナーでは、御苑ではじめて観菊会が開催された昭和4年当時の白黒写真と、現在の菊花壇のカラー写真を並べて展示しています。
161105m.JPG
 写真の撮影された年代こそ違うものの、今も変わらぬ様式美に、皇室ゆかりの伝統の技術が今日まで受け継がれていることが分かりますね。
 菊花壇展ご鑑賞の際には、ぜひアートギャラリー、エコハウスにもお立ち寄りください。
161105n.JPG
■新宿御苑菊花壇展
 日時:平成28年11月1日(火)~11月15日(火)(期間中は無休)
    9:00~16:00(閉門は16:30)
 会場:新宿御苑内日本庭園
 料金:新宿御苑への入園料(大人200円、小・中学生50円)
 内容:皇室の伝統園芸を受け継ぐ「菊花壇展」を開催します。
 
■菊花壇解説展
 日時:平成28年11月1日(火)~11月20日(日)(期間中は無休)
    9:00~16:30(最終日は15:00まで)
 会場:新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリー
 料金:無料
 内容:新宿御苑菊花壇展の魅力を分かりやすくご案内します。
 
■新宿御苑開園110周年記念企画「文献からひもとく菊の花の魅力」
 日時:平成28年11月1日(火)~20日(日)9:00~16:30
 会場:エコハウス内レストランゆりのき横展示室

2016年11月 5日 11:00

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31